コンテンツにスキップ
地震や土砂災害、海上輸送の影響で一部地域に配送遅延が出ている可能性があります。心当たりのある地域にお住まいの方は、こちらから詳細をご確認ください。
大雪や地震、土砂災害、海上輸送の影響で一部地域に配送遅延が出ている可能性があります。心当たりのある地域にお住まいの方は、こちらから詳細をご確認ください。

2022年9月20日以前のブログは、https://mag.switch-science.com/ でご覧いただけます。

magazine

RSS
  • プライベートなGmailで独自ドメインでDMARC対応した話
    2月 28, 2024 IMAZUMitsumasa

    プライベートなGmailで独自ドメインでDMARC対応した話

    個人でも本人証明の手段などのために、ドメインを使う機会がだんだん増えたのではないでしょうか。前から持ってるよ、という方も多いでしょうけれど。

    僕は個人的に持っているドメインは基本的にCloudflareで管理しているのですが、”Email Routing”をメニューに見かけて「ああ、そういえば自ドメインでメール受信できるんだっけ」と思って試してみたくなりました。

    今回は、プライベートなGmailアカウントに独自ドメインのメールアドレスを追加して、DMARCでPASSするように設定してみたお話です。

    今すぐ読む
  • ESP32シリーズの性能を比較してみる
    2月 27, 2024 今井英雄

    ESP32シリーズの性能を比較してみる (M5Stack Core2 vs CoreS3 - PSRAMアクセス性能編)

    PSRAMを使用した場合はCore2 (ESP32)よりも CoreS3 (ESP32-S3)の方が3割~4割ほど速い結果が得られました。

    SRAMのみを対象とした場合も、PSRAMほどの差ではないもののESP32-S3の方が速い結果が得られました。

    大きなデータを扱う際に有利であることは、例えば画像データのフレームバッファや、各種センサから高いサンプリングレートで得たデータの蓄積・集計、Webサーバ・クライアントとしての動作など、メモリを多く必要とする場面で特にESP32-S3を選ぶメリットがあると言えそうです。

    今すぐ読む
  • SPFのDNSルックアップ制限厳しすぎな話
    2月 19, 2024 IMAZUMitsumasa

    SPFのDNSルックアップ制限厳しすぎな話

    こんにちは。
    ECシステム開発チームのいまづです。
    みなさん、DMARC対応してますか。

    対応と言っても、基本的にはDKIMやSPFが設定されていればDMARCのDNSレコード追加するだけよね、くらいに思っていたんですが、SPFは曲者なんですね、というお話です。

    今すぐ読む
  • RISC-V Rhapsody: Meet the ESP32-C6 Thing+!
    2月 13, 2024 菅井勝

    RISC-V Rhapsody: Meet the ESP32-C6 Thing+!

    ESP32-C6 モジュールを搭載したSparkFunの最新 Thing+ ボードが登場です。 MOSFET Power Switch and Buck Regulatorも発売です。それだけでは終わりではありません。XRP Kits のパーツもばら売りします。
    今すぐ読む
  • AWSのIMDSv2対応でうっかりハマった話
    2月 13, 2024 IMAZUMitsumasa

    AWSのIMDSv2対応でうっかりハマった話

    こんにちは。
    ECシステム開発チームのいまづです。

    みなさんAWS使われていますか。
    なんだかんだAWSのサービスのアップデートやdeprecatedなものへの対応って割と発生しますよね。
    今日は、最近EC2環境でのIMDSv2対応を進めていたのですが、ドキュメントをよく読んでいなくてちょっとハマった話です。

    今すぐ読む
  • システムの発行済PDF書類を後からなんとか検索できるようにする話
    2月 5, 2024 IMAZUMitsumasa

    システムの発行済PDF書類を後からなんとか検索できるようにする話

    こんにちは。
    ECシステム開発チームのいまづです。

    人材募集していることからもおわかりかと思いますが、人手不足です。
    インボイス対応やら電子帳簿保存法やらでECシステムをあずかっているみなさまは、やはりドタバタされているのでしょうか。

    インボイス対応で税理士先生に相談しながらPDF書類の作成機能の改造をすすめたのですが、同時に電子帳簿保存法のことも考えないとならないという中で、「発行済PDF書類を検索できるようにする」を最低限実現するために、どんなふうに考えて対応したのか(しようとしているのか)について紹介します。

    今すぐ読む