international
cashless
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

脈波センサ(M5StickC-GROVE)-PULSE09-M5STICKC-G

M5StickC用となっていますが、M5StackでもGROVE端子で利用できます

脈波センサ(M5STICKC-GROVE)は、指先などの末梢血管のある部分を光センサ部に置いて脈波を計測し、内部で脈波形のデジタル化と脈拍間隔検出を行いGROVE端子のシリアルUART通信で外部出力します。センサデバイスからM5StickC/M5StackにはGROVE端子でケーブル接続して、シリアル通信で波形と脈波間隔を受け取ります。高感度な受光素子と簡単なトランジスタアンプで指先から1 V程度の脈波振幅を得ることができ(個人差はあります)、M5StickC/M5Stack側からGROVE端子経由で電源(5 V)供給してもらいG32(RX),G33(TX)ピン(M5StackはG21、G22ピン)をシリアル入出力で通信します。安定に計測するためにアクリルケースの完成品です。

特徴

  • 簡単なアナログ回路(トランジスタ回路)とマイコンで内部処理しています。
  • 電圧はM5StickC/M5Stackから5 V供給  
  • M5StickCのGROVE端子(G32,G33)ピン(M5StackはG21、G22ピン)でシリアル通信します。
  • M5StackのGROVE端子でも動作確認(2020/02/05)
  • ケースサイズ 45 mm×48 mm×12 mm(厚みはセンサ突起含まず)

注意

  • GROVEコネクタですがI2C通信ではなくUART通信です。
  • M5StickCM5Stack専用です。
  • M5StickCM5Stack本体およびGROVEケーブルは付属しません。
  • 医療用途には使えません。
  • 振幅の大きさは、計測位置や個人差があります。

M5StickCとの使用例

M5Stackとの使用例

資料

のるLABさんからの受託販売商品です。輸送上の問題は当社が責任を負います。技術的なご質問には、当社ではお答えできません。上記技術資料のページなどをご参照の上、ご自身で解決していただく必要があります。

2020年3月31日更新
Name 脈波センサ(M5StickC-GROVE)-PULSE09-M5STICKC-G
Code NORULAB-048
SKU# 5966
Shipping 200
税込単価 3,800 JPY
数量
在庫 5 (即日出荷可能)
次回入荷
短縮URL ssci.to/5966
公開日 2019年12月13日