コンテンツにスキップ
営業日はカレンダー通り、土日祝日お休みをいただいております。お盆やお正月などの特別なお休みはこちらでお知らせいたします。
営業日はカレンダー通り、土日祝日お休みをいただいております。お盆やお正月などの特別なお休みはこちらでお知らせいたします。
SKU 6133

M5Stack用サーモアレイセンサAMG8833変換基板

送料区分: 200

商品コード: NORULAB-050

発売日: 2020年2月3日

Sold out
¥700
¥700 - ¥700
Current price ¥700

※別売りのAMG8833センサ基板に加え、Conta™ サーモグラフィー AMG8833搭載にも対応したM5Stack用サーモアレイセンサConta-AMG8833変換基板の取り扱いもございます。


M5Stack用サーモアレイセンサAMG8833変換基板は、M5Stackの拡張IOピン(I2C端子)にさせるように配置した変換基板です。
5 V用のAMG8833センサユニット基板(別売)をヘッダーに挿して使うことができます。
センサは表と裏のどちらかのコネクタに接続することができます。
M5Stackのサンプルプログラムは、8×8のセンサデータを52×52データ補間して分布表示させることができます。

特徴

  • 基板とヘッダーコネクタ2個付属 
  • 表裏のどちらかのコネクタ接続可能
  • AMG8833は3.3 V専用(6ピン基板)
  • 基板サイズ 47 mm×47 mm

注意

  • 変換基板とヘッダコネクタのセットです。
  • M5StackBasic専用です。
  • M5Stack本体、AMG8833センサ基板は付属しません。
  • ヘッダーコネクタの_はんだ付けが必要_です。  

内容物

実装例

M5Stack取り付け例(センサは表と裏のどちらのコネクタにも取り付けられます)

使用例

資料


こちらの商品は、のるLABさんからの受託販売商品です。
輸送上の問題は当社が責任を負います。技術的なご質問には、当社ではお答えできません。上記技術資料のページなどをご参照の上、ご自身で解決していただく必要があります。