コンテンツにスキップ
スイッチサイエンスの年末年始休業:12月30日(金)から1月3日(火)まで(年内発送締め切り:12月29日(木) 14:00 までのご注文)
スイッチサイエンスの年末年始休業:12月30日(金)から1月3日(火)まで(年内発送締め切り:12月29日(木) 14:00 までのご注文)
SKU 5806

AirLift Shield - ESP32 Wi-Fi コプロセッサ搭載

送料区分: 200

商品コード: ADA-4285

在庫数: 0

発売日: 2019年9月18日

売り切れ
¥3,014
¥3,014 - ¥3,014
Current price ¥3,014

Arduino(または互換機)にESP32をサブのプロセッサとして追加し、強力なWiFi機能を利用できるシールドです。

WiFi機能を別のチップで管理することにより、コードが簡単になります。また、ソケットデータをキャッシュしたり、SSLライブラリをコンパイル / デバッグする必要がなくなり、作業効率が大幅にアップします。8 MHz SPIの高速データ転送により、ベーシックでパワフルなソケットベースのコマンド送信が可能です。最新のTLS / SSL暗号化を使用している場合でも、WiFiネットワークへの接続とサイトからのデータ転送の全ての面倒な作業を処理できます。

任意の3 V / 5 V Arduino互換機、ATmega328以上のチップで動作します(ただし328では非常に複雑なタスクを実行したり、大量のデータをバッファリングすることはできません)。SAMD51 / Cortex M4を最小要件とするCircuitPythonでもうまく作動します。SPIバスと二つの制御ピンを接続し、WiFi使用時に最大250 mAを供給できる電源を用意するだけで使用できます。

SPIバスを他のシールドと共有できるようにMOSI用のトライステートチップが搭載されています。また、マイクロSDカードソケットも用意されているので、ホストとして使用したり、取得したデータを保存することが可能です。

UNOなどATmega328ベースのArduinoでは、十分なRAMが確保できないので、WiFiモジュールとSDライブラリの両方を同時に使用することができません。Arduinoでの使用にはM0またはM4、CircuitPythonではM4チップを搭載している機器をお勧めします。

仕様

  • サイズ:68.6 × 53.4 × 4.8 mm
  • 重量:14.2 g

資料

製造元希望小売価格:15.95ドル(税別)
製造元の販売ページ:http://www.adafruit.com/product/…

商品コード: ADA-4285