iot
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

AN-210 ATSAME53 マイコン開発ボード

Microchip(旧Atmel)社が販売している 32bit ARM Cortex-M4Fコアを搭載したATSAME53を、手頃に試せるマイコンボードです。使いやすい様に電源や水晶等の外部回路を搭載し、ユニバーサル基板での開発を可能にしました。純粋なマイコン開発を行う際にオススメです。

Microchipの開発環境 MPLABXに対応しており、ライターも安価なSNAPやPIC Kit4で書き込みできます。PIC開発者が、ARMコアへ移行するのにオススメです。

スペック

CPU ATSAME53
Core 32bit ARM Cortex-M4F
Program Memory(ROM) 512 KB
Deta Memory(RAM) 192 KB
Clock(Max) 120 MHz
SERCOM(UART, I2C, SPI) x6
USB(Full-Speed) x1

基板仕様

入力電源 3.3 V
クロック 基板上に32.768 kHz水晶発振子搭載
GPIO SERCOMを基準に配置
基板サイズ 53.34 mm x 28.45 mm

資料


こちらの商品はArtifactNoiseさんからの受託販売商品です。 輸送上の問題は当社が責任を負います。技術的なご質問には、当社ではお答えできません。 上記技術資料のページなどをご参照の上、ご自身で解決していただく必要があります。

2021年9月15日更新
Name AN-210 ATSAME53 マイコン開発ボード
Code ARTIFACTNOISE-027
SKU# 7440
Shipping 200
税込単価 3,520 JPY
数量
在庫 多数 (即日出荷可能)
次回入荷
短縮URL ssci.to/7440
公開日 2021年9月15日