iot
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

Raspberry Pi 400用 40ピン I/Oプロテクター(レインボー)

40ピンI/Oプロテクターは、40ピンリボンケーブルと回路基板で構成されています。40ピンリボンケーブルは、Raspberry Pi 400(以下Pi 400)からの40ピンGPIO信号を回路基板に導き、回路基板はPi 400を保護するための一連の機能を提供します。

詳細説明

  • ボードの左端にある小さなスイッチは、回路基板への+5Vと+3.3Vの電源供給を制御します。この小型スイッチをOFFの位置に切り替えることで、回路基板への電源を切ることができます。
    40ピンコネクタに回路基板を取り付けたいときには、Pi 400をシャットダウンする必要はなく、40ピンI/Oプロテクターの電源を切るだけでホットプラグによる損傷からPi 400を保護することができます。
  • Pi 400からの40ピンのGPIO信号は、電源を含めて全てESDイミュニティICで保護されていますので、回路基板からのESDエネルギーを吸収します。
  • すべてのGPIO信号は電流制限抵抗33Ωで保護されていますので、GPIO間やGPIOをGND、5V、3.3Vに短絡してもPi 400のI/O等にダメージを与えることはありません。
  • Pi 400のPMUは過電流保護機能を備えていますが、PMUが保護モードになっている場合、Pi400は正常に動作しません。
  • I/Oプロテクターの過電流制限回路は、2A 5Vと1.5A 3.3VまでPi 400の最大電流を制限し、基板上での短絡や過電流によってPi 400のPMUがシステムをシャットダウンすることを無効にします。
    緑色のLEDは基板上の3.3V電源の状態を示し、赤色のLEDは5V電源の状態を示します。基板がPi400から過剰な電力を消費すると、LEDが点滅します。
  • 2個の220uFコンデンサは、それぞれ5Vと3.3Vの電源を安定させます。5x40のブレッドボードは、追加コストなしでいくつかの実験を行うことができます。
  • この製品にはI/Oボードと40ピンのリボンケーブルがセットになっており、グレーとレインボーの2色からお選びいただけます。
  • 40ピンの黒のオスコネクタは、Pi 400の背面にある40ピンのメスコネクタに接続します。
  • 本製品に使用されている材料はすべてRoHSに準拠しています。

Raspberry Pi 400は付属しません。

ボード取り付け手順

  1. 本ボードのスイッチを「OFF」の位置に合わせます。
  2. ドーターボードを本ボードの40ピンソケットに差し込みます。ドーターボードと本ボードのソケット穴の向きが揃うようにしてください。
  3. 本ボードに接続されているケーブルの一方の端をPi 400の背面にある40ピンソケットに差し込みます。
  4. 本ボードのスイッチを「ON」の位置に合わせ、ドータボードを起動します。
  5. 本ボードからドーターボードを取り外す際には、本ボードのスイッチを「OFF」の位置に合わせてからドーターボードを取り外してください。(Pi 400の電源を切る必要はありません。)

内容物

  • 40ピンI/Oプロテクター x 1
  • 40ピンリボンケーブル x 1(レインボー)

製造元製品ページ : http://www.edatec.cn/...

2021年9月16日更新
Name Raspberry Pi 400用 40ピン I/Oプロテクター(レインボー)
Code EDATEC-ED-Pi400PROT-R
SKU# 7249
Shipping 200
税込単価 1,265 JPY
数量
在庫 多数 (即日出荷可能)
次回入荷
短縮URL ssci.to/7249
公開日 2021年9月16日