international
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

Switch Science LPC1114SOP

mbed LPC1114FN28のマイコン部分をSOPのLPC1114FDH28に置き換えた基板です。mbed LPC1114FN28と同じようにパソコンに接続して書き込みができます。

USB Type-Cのレセプタクルが付いているため、USBコネクタの裏表を気にする必要がなくなりました。接続はUSB 2.0です。USBケーブルでパソコンと接続すると、他のMbed基板と同じようにドライブとしてが認識されます。

Mbedのオンラインコンパイラで開発して、ダウンロードしたバイナリファイルをドラッグアンドドロップするだけで、マイコンにプログラムを書き込むことができます。Mbedのオンラインコンパイラで開発するには、ターゲットとして「mbed LPC1114FN28」を選択してください。

この基板に搭載されているインターフェースチップは、上記のドラッグアンドドロップによるプログラミングに加えて、USB-UARTブリッジ、CMSIS-DAPデバッグアダプタ機能も搭載しています。LPC1114FDH28の15ピンと16ピンのUARTはUSB-UARTブリッジに接続されていますので、シリアル通信もすぐに使っていただけます。

基板の上にはBLとISPという2つのタクトスイッチが実装されています。BLスイッチを押すことでLPC1114FDH28をリセットすることができます。ISPスイッチはインターフェースチップのファームウェアを書き換えるISPモードに投入するためのものです。

mbed LPC1114FN28との違い

  • マイコンのパッケージがDIP 28ピンからSOP 28ピンになりました
  • ICソケットがなくなって直接はんだ付けになりました
  • USBコネクタがmicro USBからUSB Type-Cになりました

インターフェースチップのファームウェア

インターフェースチップのファームウェアのバージョンは、mbed.htmをテキストエディタ等で開くことで確認できます。

最新のファームウェアとWindowsでのファームウェアのアップデート手順はmbed.orgのwikiをご覧ください。
mbed LPC1114FN28のファームウェアの更新方法(英語)

OS X/macOSでのアップデート手順は、スイッチサイエンスマガジンをご覧ください。
OS Xでmbed LPC1114FN28のファームウェアをアップデートしました!

基板おもて面

LEDは以下の機能のアクセスランプです。
赤 : MBEDボリューム
緑 : CMSIS-DAP
青 : USB-UARTブリッジ

他のMbedボードに搭載されているLED1〜4としては使えないのでご注意ください。

基板裏面

2列のピンヘッダの間隔は400mil(約10.16mm)です。

横から見たところ

資料

2020年10月9日更新
Name Switch Science LPC1114SOP
Code SSCI-063203
SKU# 6320
Shipping 200
税込単価 2,200 JPY
数量
在庫 多数 (即日出荷可能)
次回入荷
短縮URL ssci.to/6320
公開日 2020年10月9日