international
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

obniz Board 1Y

ハードウェアの難しい部分を触らずに、JavaScriptで制御を行うことができるIoT用のコントロールボードです。Wi-Fi、BLE、表示器などを標準で搭載し、すぐにIoTを始めることができます。センサやモーターなどのパーツライブラリが豊富で、ちょっと試すくらいならデータシートを読む必要すらありません。

obniz Board 1Yでは、指定した時間やきっかけまで動作を停止するスリープ機能(低消費電力モード)が実装されており、また使い方によって単三乾電池でも1年を超える長期間動作が可能となり、電源が設置しづらい場所での稼働が可能です。

以下のような利用が考えられます。

  • 植物の水やりなど定期的に何かを動作させる
  • 一定間隔で温度を取得するなど定期的に何かを監視する場合
  • 人が来たら、温度がある範囲を超えたらなどいつ起こるかわからないイベントを監視する場合

仕様

内容
サイズ 66.6 x 36.3 mm(USBとスイッチの突起部を含む )
固定穴 M2 x 2
Wi-Fi 802.11 b/g/n (2.4 GHz)、最大150 Mbps
Bluetooth Bluetooth v4.2 BR/EDR、BLE
認証 工事設計認証(いわゆる技適)、FCC、IC(ESP-WROOM-32による)
給電 USB TypeC または 電源ピン
動作電圧(vcc) 推奨 5 v (3.3-5.5v)
動作電流 平均 120 mA (Wi-Fi につながりBLEはスタンバイ何もつながっておらず ディスプレイ使用中)
動作電流(Sleep) 20~40 uA
モータードライバIC数 6 (DRV8839)
IO数 12
スリープ タイマー(1秒から64800秒または1分から64800分)または0番ピン変化(立ち上がり/立ち下がり)割り込み
はんだ 鉛フリー

資料

2020年3月2日更新
Name obniz Board 1Y
Code CBRT-OBNIZ-BOARD-1Y
SKU# 6081
Shipping 200
税込単価 6,930 JPY
数量
在庫 多数 (即日出荷可能)
次回入荷
短縮URL ssci.to/6081
公開日 2020年3月2日