iot
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

GameControllerizer専用 ゲームパットエミュレータ基板(GC-GP)

新ロットより基板色が変更(赤→青)になりましたが、機能変更はありません。(2021年8月)


ビジュアルプログラミングだけでゲームコントローラーを自作することができる基板です。micro:bit(v1/v2) や Rapberry Pi 、その他マイコンと組み合わせることで

  • 「micro:bitを右に傾けると、十字キーの右を入力する」
  • 「WebAPIでGETアクセスを行うと、Aボタンを入力する」

といったオリジナルコントローラーを制作することができます。開発環境には Node-REDMakeCode といったビジュアルプログラミング環境をお使いいただけます。

写真

本製品は、ゲームに関わる研究/教育/Maker活動を支援する目的で、津田塾大学・栗原一貴先生を中心としたチーム(Hi Score Boys)により開発されました。
より詳しくは GameControllerizer 紹介サイトをご覧ください。

想定利用シーン

  • 電子工作の場でのオリジナルゲームコントローラ作成
  • 既存デジタルゲームを利用したSTEM教育
  • AI研究の場でゲーム自動制御のチャレンジ

特徴

  • 本製品をUSBで接続するとゲームパッド(USB HID互換)として認識されます
  • ビジュアルプログラミングでの開発が可能
  • ホストマイコンと簡易に接続可能
    • ① micro:bit & Groveシールド(ホスト)+Makecode(プログラミング環境)
    • ② Raspberry Pi(ホスト)+Node-RED(プログラミング環境)

内容物

  • G.C.専用ゲームパットエミュレータ基板(GC-GP) x 1

※コントローラーを自作するためには,本製品に加えてホストマイコン(micro:bit や RaspberryPi 等)が必要です。
micro:bit / Raspberry Pi 本体,および接続のためのコネクタ / ケーブル類は,別途ご用意いただく必要があります。

使用例

①micro:bitとの組み合わせ例

②Raspberry Piとの組み合わせ例

Raspberry Pi 互換の40ピンコネクタを持つ機器であれば、これ以外の機器とも組合せ可能です。以下は、Jetson Nanoとの組み合わせ例です。

micro:bitからの入力でPC上のゲームを制御する様子

これ以外の様々な応用例については紹介サイトをご覧ください。

資料

注意事項

  • GameControllerizerおよび本製品は、研究/教育/Maker活動の支援を目的としたものであり、著作権侵害やゲームチート行為を助長する目的のものではありません。開発目的については紹介サイトの Concept, Publication をご覧ください。
  • ゲームの拡張や自動化、技術トライアルの公開("やってみた動画"等)の実施には、著作権法および各ゲームメーカーの規約に従ってください。
  • 本製品がエミュレートするのは一般的なUSB HID互換ゲームパッドになります、USB HID互換ゲームパッドからの入力を受け付けるかどうかは各ゲームコンソール / 各ゲームソフトに依存します。そのため "どの環境ならば動く" といった保証は出来ません。本製品を購入前に,市販のUSB HID互換ゲームパッドと対象とするゲームコンソール / ゲームソフトにて事前に動作を確認頂きますようお願いいたします。
  • その他の注意事項/免責事項については基板紹介ページを購入前に確認頂きますようお願いいたします。

GameControllerizer開発チーム(Hi Score Boys) からの受託販売商品です。 輸送上の問題は当社が責任を負います。技術的なご質問には、当社ではお答えできません。 上記技術資料のページなどをご参照の上、ご自身で解決していただく必要があります。

2021年8月3日更新
Name GameControllerizer専用 ゲームパットエミュレータ基板(GC-GP)
Code KURUSUGAWA-001
SKU# 5457
Shipping 200
税込単価 3,300 JPY
数量
在庫 多数 (即日出荷可能)
次回入荷
短縮URL ssci.to/5457
公開日 2019年4月26日