international
pcborder
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

インテル8080伝説

語り継がれるエピソードの真相と8080の実態に迫る!!

1974年に登場し、近代的なコンピュータの起源となったインテル8080。とっくに絶滅したと思われていたこのチップが実は未だ複数の部品店の倉庫に眠り、ありきたりな部品に紛れてネット通販リストに載っていたのを見つけたことから著者の創造意欲が猛烈にかき立てられ、約1年かけて制作された渾身の一冊です。

『古い部品で単純に古のコンピュータを作ったら、それは単なる“古い本”』

しかし著者は、この8080を、高速な周辺部品や優れた開発ツールといった現在の環境下で実際に動かし、8080の実態とその登場した前後の出来事を資料に照らし、技術的に検証。結果、かなり正確に紹介する、これまでにない読み物的製作例紹介の読んで楽しい技術解説書が出来上がりました。

8080と周囲のファミリーICなど絶滅危惧の部品を探し回り、誤植だらけのデータシートを解読し、無闇に膨大な配線をこなすなど、著者はあえて製作上のあらゆる困難に正面から立ち向い、七転八倒しつつも次々と難題を解決していく様はまさにアドベンチャーゲーム。ソフトウェア開発ではCP/MとアセンブラをWindowsのエミュレータで動かし、書き込み用にUSB接続のROMライタを製作するなど、高度に優れた技術のヘンな使い方も満載した、アキバ系ホビイスト・オタク必読の書。

目次

第1章 伝説の誕生

  • Chapter1 1970年代の事情
    • 伝説の存在となった一片のシリコンチップ
    • ミニコンの構造から発想された電卓用IC
    • 電卓用ICの枠を超えて活用された4004
    • 端末用ICの開発が頓挫して生まれた8008
    • 世界で最初のマイクロプロセッサ8080
    • セカンドソースとリバースエンジニアリング
    • 8080の命令体系を受け継いだ8085とZ80
  • Chapter2 アメリカの騒動
    • ホビイスト向けに発売された汎用のコンピュータ
    • マイクロプロセッサの普及に貢献した電子技術系の雑誌
    • ピープルズコンピュータカンパニーの活動
    • ホームブルゥコンピュータクラブの活動
    • ホームブルゥコンピュータクラブから巣立ったメーカー
    • 伝統的なCPUを追い越したマイクロプロセッサの需要
  • Chapter3 日本の反応
    • 日本の市場を2年遅れで活性化したTK-80
    • コンピュータの街へと変貌を遂げた秋葉原
    • 初期のマイクロプロセッサに取り組んだオタク
    • 日本電気のμPD8080Aと出会う
    • 日本電気のμPB8224CとμPB8238Cを入手する

第2章 伝説のハードウェア

  • Chapter1 CPUボードの製作
    • 現在の便利な技術を利用して8080を動かす
    • 主電源の5VをACアダプタからとる
    • 主電源の5Vを昇圧して12Vを作る
    • 主電源の5Vを反転して-5Vを作る
    • 8080と8224と8238を組み合わせる
    • 8224まわりの回路が果たす役割
    • 8238まわりの回路が果たす役割
    • 8080まわりの回路が果たす役割
    • CPUボードのバスの設計
    • CPUボードの製作と配線の検査
  • Chapter2 ROMライタの製作
    • ICの不良を解析する作業から生まれたEPROM
    • 自作派のホビイストが好んで使った2716
    • マウス操作で書き込めるUSB接続の書き込み装置
    • マイコンで主電源の5Vから25Vを作る
    • ユニバーサル基板に手配線で組み立てる
    • 書き込みと読み出しの機能を作る
    • USBでパソコンとつながる機能を作る
    • EPROMをいったん消去してから書き込む
    • ROMとRAMとアドレスデコーダ
  • Chapter3 周辺ボードの製作
    • 汎用のコンピュータを構成する825xシリーズの周辺IC
    • テレタイプライタとコンソールとパソコンの端末ソフト
    • 8251とパソコンの接続
    • CPUボードと8251の接続
    • メモリと8251で構成する周辺ボードの製作

第3章 伝説のソフトウェア

  • Chapter1 8080の開発環境
    • インテルとゲイリー・キルドールの出会い
    • フロッピーディスクのコントロールプログラム
    • 80系マイクロプロセッサの標準OSとなったCP/M
    • CP/Mのもとで動作するアプリケーション
    • デジタルリサーチの頂点とどん底
  • Chapter2 フールオンザヒル
    • CP/Mの開発ツールでテストプログラムを作る
    • テストプログラムをEPROMに書き込んで動かす
    • Altairで音楽を演奏した男
    • ラジオからフールオンザヒルが流れる
  • Chapter3 タイニーBASIC
    • タイニーBASICの構想と挫折と再起
    • パロアルトタイニーBASICの登場
    • 東大版タイニーBASICの登場
    • タイニーBASICをCP/Mのもとでテストする
    • タイニーBASICを自作のコンピュータで動かす

第4章 伝説の承継者

  • Chapter1 8085を動かす
    • 極めて地味な機能仕様で登場した8085
    • 8085を使ったCPUボードの設計
    • 8080から拡張された機能の取り扱い
    • 8085を使ったCPUボードの製作
    • 8085を使ったCPUボードの互換性
  • Chapter2 MCS-85を作る
    • MCS-85が構成するコンピュータの概要
    • 8755と8156の機能仕様
    • MCS-85の接続とアドレスマップ
    • 制御用コンピュータの設計
    • 制御用コンピュータの製作
  • Chapter3 8755に書き込む
    • インテルの書き込み装置を調べる
    • マイコンで間に合わせの書き込み装置を作る
    • TL497で書き込み用の25Vを作る
    • 書き込み装置のハードウェアを組み立てる
    • 書き込み装置のファームウェアを作る
    • 制御用のコンピュータでLEDを点滅させる

著者:鈴木哲哉 著
価格:2,160円(本体2,000円+税8%)
ISBNコード:978-4-89977-453-2
本のサイズ:A5判 1色刷 256ページ
発売日:2017-02-20
出版社商品ページ

2018年7月25日更新
名前 インテル8080伝説
コード番号 RUTLES-766
SKU# 3951
送料区分 150
税込単価 2,160
数量
在庫 8
短縮URL ssci.to/3951
公開日 2018年7月25日