international
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

TouchMIDI25key

基板上に静電タッチセンサを鍵盤風に配置し、それをタッチすることでUSBからMIDI出力する電子基板モジュールです。この基板一枚だけで、USB MIDIコントローラとして利用できます。

また、YMF825Boardを直接ハンダ付けできるピンが装備されており、YMF825を発音するファームウェアが書き込み済みなので、FM音源キーボードとしても使用可能です。

特徴

  • Cypress社のCapSenseテクノロジーによる静電タッチセンサーを搭載。
  • USB MIDI送信が可能なUSB microB端子付き。
  • 182 mm × 50 mmの小型細長サイズ。
  • USBによる給電なので電源の必要なし。
  • 四つのLEDで、Power On/Off、Octave Up/Down、MIDI送信の状況を表示。
  • 32個の静電タッチセンサーに、C3からC5までの鍵盤と、Octave Switch、Modulation、Program Change、Velocityを割り当て、USBおよびUARTからMIDI出力するファームウェアが書き込み済み。
  • FM音源のYMF825Boardを直接ハンダ付けするピンを装備。YMF825を鳴らすファームウェアも書き込み済み。
  • KitProgなどでPSoC4にプログラムを書き込めるので、PSoC4の開発ボードとしても利用可能(プログラム書き込み用端子付き、UART/I2Cも利用可能)。
  • 筐体などへの取り付け用に172 mm間隔の二つのネジ穴あり。

ファームウェア

ファームウェアはGithubで公開しています。

  • IDEはPSoC Creatorです。
  • 昨年販売したTouchMIDI32と回路はほぼ一緒なので、ファームウェアは共通の基盤(Workspace)で開発しています。
  • "25key"というプロジェクトが、今回のTouchMIDI25keyのファームウェアになります。

回路図

file

外部端子の説明です。

  • P1: ファームウェアの書き込み用ピンです。PSoCマイコンのSWDに準じています。電源、及びグランドが必要な場合も、このピンから取り出します(1番ピン:VDD、2番ピン:GND)。
  • P2: YMF825Boardとの接続用端子です。YMF825Boardの3.3 v、Audioには接続しませんので、1番ピンがRST_Nに対応します。
  • P3: 1番ピン:I2C-SCL、2番ピン:I2C-SDA、3番ピン:UART-Rx、4番ピン:UART-Tx に設定してあります。4番ピンのUART-Txでは、USB MIDIと同じMIDI信号が出力されます。

免責事項

こちらを参照のこと。

資料

奇楽堂さんからの受託販売商品です。
輸送上の問題は当社が責任を負います。技術的なご質問には、当社ではお答えできません。 上記技術資料のページなどをご参照の上、ご自身で解決していただく必要があります。

2019年8月6日更新
Name TouchMIDI25key
Code KIGAKUDOH-005
SKU# 3860
Shipping 150
税込単価 3,900 JPY
数量
在庫 8 (即日出荷可能)
次回入荷
短縮URL ssci.to/3860
公開日 2018年6月1日