international
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

Conta™ LEDバーモジュール

緑色の10連LED バーと NXP社の「PCA9622DR」を搭載した LED モジュールです。モジュールの動作電圧は2.3 V~5.5 Vです。

モジュールに搭載される PCA9622DR は I2C 接続の16ch LEDドライバです。各 LED はこの IC の ポート LED0~LED9に接続され、各ポートにコマンドをセットすることで PWM による諧調表現などが可能です。より詳しい制御の方法は、PCA9622DR のデータシートを参考にしてください。

本製品は「Contaシリーズ」の規格に則った製品です。単体での使用はもちろん、Contaベースシールドなどに搭載することもできます。ピンヘッダははんだ付け済みです。

製品仕様

  • 動作電圧 2.3 V~5.5 V
  • 緑色の10連 LED ユニット搭載
  • 各 LED は on/off や256段階の階調制御が可能(ICの機能)
  • 各 LED の独立制御/グループ制御が可能(ICの機能)
  • インターフェースはI2C
  • I2C アドレスの初期値は「0x70(7bit 表記)
  • I2C用プルアップ抵抗用のパターンあり(抵抗は未実装)

使用上の注意

  • I2C用プルアップ抵抗について
    初期状態では、I2C のプルアップ抵抗は実装されていません。もし追加したい場合には、R11とR12に1608サイズのチップ抵抗をはんだ付けしてください。

  • I2C アドレスについて
    • 初期状態の I2C アドレスは0x70(111 0000)です。もしアドレスを変更する場合には、基板の両面にあるソルダージャンパ(A0~A4)を加工します。
  • アドレスの下位 3 bit を変更する場合には、基板表面のソルダージャンパ(A2、A1、A0)のパターンをカットし、はんだ付けすることにより、簡単に変更できます。
  • アドレスの 中位の 2 bit を変更する場合には、基板裏面のソルダージャンパ(A4、A3)に対して、やや難易度の高い加工をする必要があります。変更する場合は、ジャンパのパターンをカットした後、電線にて VDD(1)もしくはGND(0)に接続する必要があります。
  • 残りのアドレス上位 2 bitは変更はできません。

基板(表)

enter image description here

基板(裏)

enter image description here

資料

2018年10月2日更新
Name Conta™ LEDバーモジュール
Code SSCI-036818
SKU# 3681
Shipping 150
税込単価 1,296 JPY
数量
在庫 多数 (即日出荷可能)
次回入荷
短縮URL ssci.to/3681
公開日 2018年10月2日