international
pcborder
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

ESPr One 32

ESP-WROOM-32をArduino UNOと同じ形状で利用可能な基板です。USB-シリアル変換や動作モード切替スイッチも搭載しています。ArduinoシールドをESP-WROOM-32と組み合わせて使いたい時などにどうぞ。小さいながらユニバーサルエリアも搭載しています。

ESP-WROOM-32のピンの出力電圧は3.3Vであり、ピン配置も完全に互換とはならないため、シールドの種類によっては動作しないものもあります。ご注意ください。

ESPr One 32の仕様

  • 電源
    • MicroUSB (MicroB): USB(DC 5 V)
    • 電源入力ピン(VIN): 6 ~ 12 V
      • USBとVINを同時接続する場合は、VINピンが7V以上であればVINへ切り替わります。
  • FT231XS搭載
  • リセットスイッチ、動作モード切り替えスイッチ搭載
  • 動作電圧:3.3 V
  • 突入電流対策:USB電源接続時に瞬間的に大きな電流が流れないようにするためのソフトスタート機能有

ピンアサイン

  • 現在販売中のRev.4では両面の一部シルクにミスがあります。 以下に正誤表を掲載します。またピンガイド(pdf)を用意しましたので、ご利用ください。
Arduino ピン番号 基板シルク(誤) 修正後(正)
D2 IO5 IO15
D3 IO23 IO13
D4 IO9 IO12
D5 IO18 IO14
D10 IO15 IO5
D11 IO13 IO23
D12 IO12 IO19
D13 IO14 IO18
  • ピン番号ではなく機能の互換性を重視したため、場合によってはスケッチ内のピン番号を書き換える必要があります。
  • Arduino A4,A5はアナログ入力として使えません。デジタル入出力およびI2C専用となっています。
  • ESP32のIO32,IO33は、本基板では発振子専用としており、GPIOピンとして利用できません。
  • IO0, IO2はESP32のブートモード切り替えに使われています。シールドと接続すると起動できなくなるといった干渉がある場合、背面のジャンパを切り離すことで起動モードの不用意な変更を防ぐことができます。

細かい留意点や対応表はESPr One 32のピン配置についてをごらんください。

裏面の様子

ESP-WROOM-32の仕様

  • Wi-Fi:802.11 b/g/n(HT40)
  • Bluetooth:Classic、BLE 4.2(デュアルモード)
  • Wi-Fiモード:Station/softAP/SoftAP+station/P2P
  • セキュリティ:WPA/WPA2/WPA2-エンタープライズ/WPS
  • 暗号化:AES/RSA/ECC/SHA
  • 12 bit SAR A/Dコンバータを搭載
  • TCP/IPのプロトコルスタックを搭載
  • (H)SPI、UART、I2C、I2S、PWM、GPIOなどさまざまなインターフェースを搭載
  • FCC、CE、工事設計認証取得済
  • SoC:ESP32(Tensilica LX6 デュアルコア、240 MHz)
  • SRAM:520 KB
  • フラッシュ:4 MB (32Mbit)
  • 動作電圧:2.2~3.6 V
  • 消費電流:平均80 mA
  • 動作温度:-40℃~+85°C
  • オンチップセンサ:ホールセンサ、温度センサ
  • インターフェース
    • GPIO
    • I2C
    • UART
    • SPI
    • モータ用PWM
    • LED用PWM
    • I2S
    • ADC
    • DAC
    • IR
    • 静電容量式タッチセンサ
    • ローノイズプリアンプ
  • ピン間隔:1.27 mmピッチ(ハーフピッチ)
  • サイズ:18 mm x 25.5 mm x 2.8 mm

内容物

  • 1 × 基板本体
  • 1 × シルク印刷訂正についての案内(名刺サイズの紙)

資料

2018年10月1日更新
名前 ESPr One 32
コード番号 SSCI-035552
SKU# 3555
送料区分 150
税込単価 3,510
数量
在庫 多数 (即日出荷可能)
次回入荷
短縮URL ssci.to/3555
公開日 2018年7月9日