international
pcborder
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

GROVE - 赤外線測距センサ v1.2

高感度のRFR-359Fフォトリフレクタを搭載し、前面に物体があるかどうかを検出できるGROVEの赤外線測距センサです。

フォトリフレクタは、GaAs(ガリウム砒素)の赤外線発光ダイオードと、シリコン平面フォトトランジスタから構成されています。物体がセンサの間近に置かれると、エミッタから放射された反射赤外光がフォトトランジスタによってピックアップされ、反射面とセンサとの間の距離に応じて、HIGHまたはLOWを出力するしくみです。

半固定抵抗を調整することで、反射面が白の場合、検出閾値を約90〜300 mmの範囲で設定することができます。またLEDインジケータが、物体が検出されたときに明るい赤色に点灯し、何もないときに消灯するので、測定結果を視覚化するのに便利です。

仕様

  • 電源:5 V DC
  • 反射型フォトセンサ:RPR-359F
  • デジタル出力モード:TTL(黒が検出されたらHigh、白が検出されたらLow)
  • コネクタ:4ピンGroveインタフェース
  • 寸法:20 mm × 20 mm

資料

製造元希望小売価格:5.90ドル(税別)
製造元の販売ページ:http://www.seeedstudio.com/product/…

2017年2月16日更新
名前 GROVE - 赤外線測距センサ v1.2
コード番号 SEEED-101020175
SKU# 3133
送料区分 150
単価 853
在庫 この商品は在庫がありません。
入荷通知 ログインすると入荷通知を受け取るための設定ができます。
短縮URL ssci.to/3133
公開日 2017年2月16日