international
pcborder
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

Switch Science mbed HRM1017r3

Switch Science mbed HRM1017r3はNordic社のnRF51822チップを搭載したBLE(Bluetooth Low Energy)開発ボードです。総務省の工事設計認証(いわゆる技適)を得た、HRM1017というモジュールを使用しています。

nRF51822-mKITと異なり、32.768 kHzのクリスタルが非搭載です。mbed.orgの本機のページで配布している、内蔵の発振回路を利用するBLEライブラリを使って開発を行ってください。

この製品は旧製品mbed HRM1017からの置き換えです。主な変更点は以下の3点です。

  1. HRM1017に搭載されているチップ「nRF51822」のリビジョン変更(2→3)
  2. 基板の長辺をモジュールのアンテナ部分まで拡張
  3. シルクの変更

本製品はmbed2.0に対応しています。mbed OS 5.0への対応予定はありません。

特徴

  • SoC:Nordic nRF51822(低消費電力のARM Cortex-M0コア、Flash 256 KB、RAM 16 KB、かつ、2.4 GHz帯域のBluetooth v4.1準拠)
  • GPIO:29本(2.54 mmピッチ、最大許容電流ピンあたり0.5 mA)
  • 電源:Micro-Bもしくはピンヘッダ(1.8-3.6 V Typ. 3.0 V)
  • USB経由でドラッグアンドドロップ書き込み可
  • シリアルターミナル用USBバーチャルCOMポート搭載
  • オフラインでも使えるCMSIS-DAPデバッグアダプタ搭載
  • ブレッドボードに挿しやすい細いピンヘッダを採用

資料

基板裏面

ピン列の間隔(基板の幅)は600 mil(だいたい15 mm)です。

基板寸法図

Windows PCでCOMポートとして認識されない場合

Windowsでは、COMポートとして認識させるためにドライバのインストールが必要です。mbed.orgのWindows serial configurationの「Download latest driver」からドライバのインストーラが入手できます。

  1. mbedを接続します。
  2. エクスプローラーでMBEDドライブを開いていない状態で、ダウンロードしたインストーラーを起動してドライバをインストールします。
2017年1月24日更新
名前 Switch Science mbed HRM1017r3
コード番号 SSCI-028035
SKU# 2803
送料区分 150
単価 3,780
数量
在庫 多数
短縮URL ssci.to/2803
公開日 2017年1月24日