international
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

Bus Pirate v3.6a

パソコンからI2CやSPI通信等を取り扱うためのデバッグツールです。シリアル通信経由で自由にI2CやSPI通信等の信号を生成、監視できます。通信プロトコルのデバッグや、各種センサ・部品等の動作確認など幅広い用途で利用できます。Mini-B USBコネクタ接続。

例えば外部センサとの通信は、まずマイコンボードにプログラムを書き込むなど、パソコン上から直接扱うには一手間必要でした。このボードを使うと、シリアル通信上で対話的に送信するデータを構成できたり、pythonスクリプトを用いて通信内容をプログラミングしたり、センサ値を読んでファイルとして保存したりといった様に、パソコンから直接電子工作向けの各種通信を利用することが可能です。

ご利用方法に関する詳細な説明は、公式ドキュメント(英語)をご覧ください。

各種通信用のピンは2 × 5のコネクタから引き出せます。このコネクタで利用できる専用ケーブルも販売中です。

特徴

  • PIC24FJ64搭載
  • FT232RL搭載
  • 対応プロトコル
    • 1-Wire
    • I2C
    • SPI
    • JTAG
    • 非同期式シリアル
    • MIDI
    • PCキーボード
    • HD44780 LCD
    • ビット単位での2、3-wireライブラリ
    • スクリプト記述可能なバイナリ Bit-Bang、1-Wire、I2C、SPI、UARTモード
  • 5.5 Vトレラント入力
  • プローブ計測: 6 V
  • 周波数測定: 1 Hz - 40 MHz
  • PWM周波数生成: 1 kHz - 4 MHz
  • レベルシフト用プルアップ抵抗搭載
  • ソフトウエアリセット可能な3.3 Vおよび 5 V出力搭載
  • マクロ機能対応
  • SPI、I2C通信経路監視
  • ブートローダー搭載(ファームウェアアップデート用)
  • USBシリアル変換機能搭載
  • 低速ロジックアナライザ機能:10 Hz - 1 MHz
  • Perl、Pythonなどでスクリプト可能
  • PIC24FJ64アクセス用ICSPコネクタ搭載

資料

製造元希望小売価格:29.95ドル
製造元の販売ページ:https://www.sparkfun.com/products/…

2019年8月21日更新
Name Bus Pirate v3.6a
Code SFE-TOL-12942
SKU# 2674
Shipping 150
税込単価 3,812 JPY
数量
在庫 多数 (即日出荷可能)
次回入荷
短縮URL ssci.to/2674
公開日 2017年8月23日