コンテンツにスキップ
ESPr® Developer S3 Type-C

新商品「ESPr® Developer S3 Type-C」と「ESPr® Developer S3 Type-C (USBシリアル変換ICなし)」

みなさんこんにちは、スイッチサイエンスの佐々木です。

今日はスイッチサイエンスの新商品を2つご紹介します。

ESPr® Developer S3 Type-C

 

ESPr® Developer 32 Type-Cの無線通信モジュールをESP32-WROOM-32からESP32-S3-WROOM-1に置き換えた商品です。回路構成はそのままですがモジュールが変わって機能が大幅にアップしています。

  • コアがESP32-S3に変わった
  • フラッシュROMが16MBになった
  • PSRAMが8MBになった
  • Bluetooth LE v5.0に対応した
  • Bluetooth Classicが非対応になった
  • フルスピードUSB 1.1 OTGに対応した

ESPr® Developer 32 Type-Cからのアップグレードに最適な商品ですね。

 

こちらもESP32-S3-WROOM-1を搭載した開発ボードですが、USBシリアル変換ICを省略しています。ESP32-S3-WROOM-1にUSB Type-Cコネクタを直接接続しており、USB機能をフルに使えるように設計されています。USBデバイスの作成に最適です。

もちろんESPr® Developer S3 Type-CもUSBコネクタを外付けすればUSB機能が使えます。USBホストの開発したい場合、USB Type-Aコネクタを外付けしてESPr® Developer S3 Type-CのType-Cコネクタを電源またデバッグに利用すると良いでしょう。

ぜひご活用ください!

前の記事 Shopifyの新しいチェックアウト機能への移行 2 - Shop PayとFunctions