コンテンツにスキップ
SKU 9111

SenseCAP S2105 LoRaWAN 土壌センサ

送料区分: 650

商品コード: SEEED-114992871

発売日: 2023-08-24

在庫数: 0

短いURL: ssci.to/9111

売り切れ
¥25,075 (税込)
¥25,075 - ¥25,075
Current price ¥25,075

水分、温度、EC(Electric Conductivity:土壌の電気伝導率)をそれぞれ0~100% (m³/m³)、-40~80℃、0~23 dS/mの範囲で測定できる土壌センサです。ECは土壌中の塩分含有量の指標であり、作物の収穫量や品質、植物の養分利用可能性、土壌微生物の活動などに影響を与えるパラメータです。本製品は、超低消費電力で広範囲の伝送が可能になっており、有線デバイスとは異なりバッテリー駆動のため、分解・設置が容易にできます。

特徴

  • 世界中のLoRaWANネットワークに対応: 様々な種類のLoRaWAN®ゲートウェイと互換性があり、LoRaWANネットワークとの高速接続が可能(863~928 MHzの周波数帯に対応)
  • ロングレンジ&バッテリー駆動: 市街地では2 km、見通しの良い場所では10 kmの超広範囲伝送が可能、簡単に交換可能な標準リチウム電池(タイプ:ER34615)で駆動し、最大10年耐用
  • 過酷な環境でも使用できる設計: -40~85℃の動作温度とIP66準拠の筐体により、屋外での使用、高い紫外線露出、大雨、埃りだらけの環境でも利用可能
  • 簡単設定: SenseCAP Mateアプリ(iOSGoogle PlayApp Centerからダウンロード)およびSenseCAPポータル経由で4ステップで設定が完了

利用方法について

製造元のSeeed社は、SenseCAPポータル(Webを通じてSenseCAPデバイスの管理やデータの閲覧を可能にするウェブサービス)とSenseCAP Mate APP(ポータルのアプリ版)を提供しています。これらによって、技術的なバックグラウンドがないユーザーでも遠隔でデータを簡単に管理・確認することができます。

仕様
測定パラメータ

  • 土壌温度
    • 測定範囲:-40〜80°C
    • 精度:±0.5°C(0〜50°C)、±1°C(-40〜0℃、50〜80°C)
    • 分解能:0.1°C
  • 土壌水分(VWC-体積含水率)
    • 測定範囲:0〜100%
    • 精度:±3%(0〜50%)、±5%(50〜100%)
    • 分解能:0.1%(0〜50%)、0.5%(50〜100%)
  • EC(土壌の電気伝導率)
    • 測定範囲:0〜23 dS/m
    • 精度: ±5%(0〜5 dS/m)、±10%(5〜23 dS/m)
    • 分解能:0.01 dS/m(0〜5 dS/m)、0.1 dS/m(5〜23 dS/m)

一般パラメータ

  • 製品モデル:S2105
  • マイクロコントローラ:Wio-E5
  • サポートプロトコル:LoRaWAN v1.0.3 Class A
  • LoRaWAN チャンネルプラン:IN865/EU868/US915/AU915/AS923/KR920/RU864
  • LoRaWAN最大送信電力:19 dBm
  • LoRa感度:-136 dBm @SF12 BW = 125 KHz
  • 内蔵Bluetooth:パラメータを変更するために使用
  • 通信距離:2〜10 km
  • 動作温度:-40〜85°C
  • 動作湿度:0〜100%RH
  • 重量:405 g
  • ケーブル長: 5 m
  • 防水規格:IP66
  • 認証:CE/FCC/RoHS/工事設計認証
  • バッテリー(機器に内蔵)
    • 耐用年数:最大10年
    • 容量:19 Ah
    • 種類:単一塩化チオニルリチウム電池


内容物

  • 1 x センサーノード(LoRaWAN 土壌センサ)
  • 2 x ブラケット
  • 1 x スタートガイド
  • 4 x タッピングネジ

資料


製造元希望小売価格:139.00ドル
製造元の販売ページ:http://www.seeedstudio.com...

商品コード: SEEED-114992871