コンテンツにスキップ
スイッチサイエンスの年末年始休業:12月30日(金)から1月3日(火)まで(年内発送締め切り:12月29日(木) 14:00 までのご注文)
スイッチサイエンスの年末年始休業:12月30日(金)から1月3日(火)まで(年内発送締め切り:12月29日(木) 14:00 までのご注文)
SKU 8206

SparkFun Thing Plusデュアルポートロギングシールド

送料区分: 200

商品コード: SFE-DEV-19217

在庫数: 6

発売日: 2022年7月13日

¥5,151
¥5,151 - ¥5,151
Current price ¥5,151

マイクロSDソケット搭載のデータロギング製品は、マイクロSDカードへのデータ記録には最適ですが、記録データを高速で読み出すには、通常マイクロSDカードを取り出してコンピュータに差し込まなければなりません。組み込みシステムを開発中でマイクロSDカードを取り外したくない/できない場合には、本製品をお使いください。

本製品は Thing Plus/Feather対応のロギングボードで、SPIまたはUSB-CでマイクロSDカードにアクセスでき、 Thing Plusボードの上または下に取り付け可能です。お好きなArduinoSDカードライブラリで、データをSPI経由でマイクロSDカードに記録したり読み出せます。また、USB-経由でファイルを最大35 MB/sで読み書きできます。書き込み速度はカード依存ですが、テストでは書き込み速度は常時約20MB/s出ています。

搭載されたATtiny841マイクロコントローラは仲介者の役目を果たします。Thing Plusの電源を入れると、ATtiny841はシールドをSPIモードに自動的に設定するので、Arduinoコードから普通にマイクロSDカードにアクセスできます。コンピュータとUSB-C経由で接続してシールドの電源を立ち上げると、シールドはSDIO「サムドライブ」モードになりデータを高速で読み書きできます。また、Thing Plusを電源を入れつつ、コンピュータと接続した場合、USB-C経由で簡単なコマンドをATtiny841に送れば、モード間で切り替えられます。

電源が同時にオンになっている場合、自動的にSPIモードまたはSDIO「サムドライブ」モードがデフォルトになるよう構成できますので、お選びください。

注:USB2241はUSBインターフェースを提供しており、カード上で最大32 GBのFAT32、exFAT、NTFSに対応します。32 GBを超えるカードは非対応です。

特徴

  • Thing Plus / Feather対応フットプリントとブレークアウトピン
  • ATtiny841 マイクロコントローラ
  • 仲介者として働き、シールドをSPIまたはSDIO(「サムドライブ」)モードに設定可能
  • USB2241 超高速USB 2.0 メディアコントローラ
  • 最大32 GBカードに対応
  • FAT32、exFAT、NTFSに対応
  • 読み書き速度:最大5 MB/s (カード依存)
  • 追加 24C04 I2C EEPROMはんだ付け用パッド
  • プッシュプッシュ方式マイクロSDソケット
  • モード設定とデフォルトモード設定の簡単なI2コマンド
  • 電源:
    • Thing Plus / Feather 3.3 V
    • USB-C 5 V
    • または両方
  • 電源制御
    • スリープ電流(PWR LED ディセイブル状態): 300 µA
  • 電源電圧センシング
  • アクティビティLED (SDIO 「サムドライブ」)
  • 電源LED(構成可能)

資料


製造元希望小売価格 : 29.95ドル
製造元の販売ページ : https://www.sparkfun.com/products/...

商品コード: SFE-DEV-19217