コンテンツにスキップ
営業日はカレンダー通り、土日祝日お休みをいただいております。お盆やお正月などの特別なお休みはこちらでお知らせいたします。
営業日はカレンダー通り、土日祝日お休みをいただいております。お盆やお正月などの特別なお休みはこちらでお知らせいたします。
SKU 7162

MJ2001(Lazurite Miniシリーズ、920J後継品)

送料区分: 200

在庫限り

商品コード: LAZURITE-MJ2001

在庫数: 0

発売日: 2021年5月26日

Sold out
¥4,620
¥4,620 - ¥4,620
Current price ¥4,620

SDカードサイズ大(32 mm x 24 mm)に小型化した920 MHz無線に対応した超小型特定小電力無線対応のマイコンボードで、Lazurite 920Jの後継機です。

Lazurite 920Jとほぼ同じソフトウエアで動作します。変更点は次のとおりです。

  • アンテナコネクタ と外部アンテナの使用方法
  • 廉価なアンテナケーブルが接続できるようにIPEX社 MHF Iのアンテナコネクタに変更しました。認証済 の外部アンテナとアンテナケーブルについては、「技術情報」を参照してください。この変更に伴い、外部アンテナを使用するためにはSubGHz.antSwitch()関数で使用するアンテナの切り替えが必要になります。
  • 基板厚
    Lazurite 920Jは基板厚が0.6 mmでしたが、MJ2001では基板厚を1 mmに変更して応力の耐性を強化しました。
  • 内蔵LDO
    モジュール内に搭載しているLDOを変更しています。Lazurite 920Jから
    LDO3Vの電源出力を外部回路で使用している際にはご注意ください。
  • リセットボタン
    リセットボタンが変更になりました。ボタンを押す向きが変わっています。
    プログラムは別売りのLazurite mini writerを使用して書き込む事ができます。また、購入時のプログラムは、シリアル経由で動作する特定小電力無線モジュールとして使用できるプログラム(サンプルプログラム内のtest920j)が書き込まれているため、他のマイコンボードの無線モジュールとして使用することができます。インタフェース仕様はこちらを参照してください。

仕様

マイコン ML620Q504H
マイコンコア 独自16bit RISCコア(U16)
ソフトウエア開発言語 C言語(ANSI C互換)
C++には対応しておりません。
動作周波数 動作時 16 MHz / Sleep中 32.768 kHz
プログラムROM 64 KB(ユーザ領域は65,536バイト中、64,512バイト)
16 KBはブート領域で使用しているため、実質使用できるのは48 KBです。
GPIO 20系統(12 bit ADコンバータ用端子を含む)
PWM出力 PWM出力機能あり
外部割り込み 2系統(最大8系統)
12 bit ADコンバータ 6系統
I2C マスターのみ1系統
SPI マスターのみ1系統
非同期シリアル 2系統
外部印加電圧 1.8 V~5.5 V(VDD 5 V端子)
内部動作電圧 1.8 V~3.3 V(LDO 3 V端子)
LDO3V端子の電圧で動作しています。
消費電流 待機中 7 uA(5 V印加時)
動作中 6 mA(無線未使用時)
送信中 約35 mA
受信中 約35 mA
プログラム書き込み時のID ツール ->マイコンボードから「LAZURITE mini」を選択し、その後 ツール ->オプションから「LAZURITE mini series」を選択してください。
920MHz無線アンテナ チップアンテナを搭載しています。三菱マテリアル製AM11DP-ST01を採用しています。



資料