コンテンツにスキップ
2024年7月11日より、入荷通知の送信元メールアドレスが notify@backinstock.switch-science.com に変更になりました。
2024年7月11日より、入荷通知の送信元メールアドレスが notify@backinstock.switch-science.com に変更になりました。
SKU 6390

超音波距離センサ処理付 M5Stack用サーモアレイセンサConta-AMG8833変換基板

送料区分: 200

商品コード: NORULAB-061

発売日: 2020-06-05

在庫数: 7

短いURL: ssci.to/6390

¥1,300 (税込)
¥1,300 - ¥1,300
Current price ¥1,300

M5Stackの拡張IOピン(I2C端子)に挿せるように配置した変換基板に超音波距離センサHC-SR04(別売)を挿して、距離をマイコン処理で計測できる基板です。
AMG8833搭載Conta™ サーモグラフィ(別売)を裏面のコネクタに接続することができます。M5Stackのサンプルプログラムは、8×8のセンサデータを52×52データ補間して分布表示させることができます。

距離情報はシリアルで受け取り、プログラム内で距離に応じた温度補正を行うことになります。

特徴

  • 基板(マイコン処理付)とヘッダーコネクタ1個付属
  • AMG8833基板は裏面のみ可能
  • サーモセンサはConta-AMG8833専用(5ピン基板)
  • HC-SR04コネクタは装着済
  • マイコンで距離測定シリアル送信(距離範囲は4cm~100cm)
  • ヘッダーコネクタのはんだ付け必要
  • 基板サイズ:47×47×12 mm

裏面

使用例(超音波距離センサとConta™ サーモグラフィーを背面に装着した状態)

資料

注意

参考

距離センサを光センサではなく超音波センサを使ったのは、顔を近づける可能性があるので、光を使ったセンサを使いたくなかった為と、近い距離での用途では安い超音波距離センサで十分と判断したためです。


こちらの商品は、のるLABさんからの受託販売商品です。
輸送上の問題は当社が責任を負います。技術的なご質問には、当社ではお答えできません。上記技術資料のページなどをご参照の上、ご自身で解決していただく必要があります。

商品コード: NORULAB-061