コンテンツにスキップ
2024年7月11日より、入荷通知の送信元メールアドレスが notify@backinstock.switch-science.com に変更になりました。
2024年7月11日より、入荷通知の送信元メールアドレスが notify@backinstock.switch-science.com に変更になりました。
SKU 6290

M5Stack用サーモアレイセンサConta-AMG8833変換基板

送料区分: 200

商品コード: NORULAB-051

発売日: 2020-03-31

在庫数: 0

短いURL: ssci.to/6290

売り切れ
¥850 (税込)
¥850 - ¥850
Current price ¥850

お知らせ (2021年8月25日)

この製品はConta接続のモジュールを変換する基板なので、サーモアレイセンサ以外のConta™規格基板も接続できます。


お詫び (2020年5月21日)
5ピンコネクタではなく6ピンコネクタが入っているパッケージロットがありました。この場合には1ピンだけカットして挿せば同様に使えますが、ずらして挿すため間違わないように注意してください。もし5ピンコネクタでなければという方は連絡(noru@fb3.so-net.ne.jp)いただければ、5ピンコネクタを無償でお送りします。


M5Stack用サーモアレイセンサConta-AMG8833変換基板は、M5Stackの拡張IOピン(I2C端子)にさせるように配置した変換基板です。
Conta-サーモグラフィ用のAMG8833センサユニット基板_(別売)_をヘッダーに挿して使うことができます。
センサは表と裏のどちらかのコネクタに接続することができます。
M5Stackのサンプルプログラムは、8×8のセンサデータを52×52データ補間して分布表示させることができます。

サーモアレイセンサは下記から購入できます。
Conta™ サーモグラフィー AMG8833搭載

特徴

  • 基板とヘッダーコネクタ2個付属 
  • 表裏のどちらかのコネクタ接続可能
  • センサはConta-AMG8833専用(5ピン基板)
  • ヘッダーコネクタのはんだ付け必要
  • 基板サイズ 47 mm×47 mm

注意

内容物

実装例

M5Stack取り付け例(センサは表と裏のどちらのコネクタにも取り付けられます)

資料


こちらの商品は、のるLABさんからの_受託販売商品_です。
輸送上の問題は当社が責任を負います。技術的なご質問には、当社ではお答えできません。上記技術資料のページなどをご参照の上、ご自身で解決していただく必要があります。

商品コード: NORULAB-051