コンテンツにスキップ
地震や土砂災害、海上輸送の影響で一部地域に配送遅延が出ている可能性があります。心当たりのある地域にお住まいの方は、こちらから詳細をご確認ください。
大雪や地震、土砂災害、海上輸送の影響で一部地域に配送遅延が出ている可能性があります。心当たりのある地域にお住まいの方は、こちらから詳細をご確認ください。
SKU 6200

SARA-R410M LTEモジュールピッチ変換基板

送料区分: 200

商品コード: SSCI-062008

発売日: 2020-12-03

在庫数: 87

短いURL: ssci.to/6200

¥10,780
¥10,780 - ¥10,780
Current price ¥10,780

LTE Cat.M1に対応したu-bloxのLTEモジュール、SARA-R410M-63Bを2.54mmピッチに変換する基板です。NTT DoCoMoとSoftBankのnano SIMが使えます。

Raspberry Piと接続するための基板「Raspberry Pi用 SARA-R410M LTEモジュールアダプター」あります。

マイコンとの通信(ATコマンドやデータ通信)用に非同期シリアル・インターフェース(UART)が搭載されています。

基板の電源電圧は5Vです。+5V端子に0.5A以上連続して供給できる5V電源を接続してください。LTEモジュールの電源電圧3.8Vは基板上で作っているので外部からの供給は不要です。

信号のI/O電圧は1.8Vです。一般的なマイコンとつなぐためには電圧の変換が必要です。NTB0104 レベルシフタ ピッチ変換済みモジュールなどをお使いください。

1V8_OUT端子から1.8Vが供給されます。電圧変換ICまた制御用マイコンの電源に使えます。最大負荷電流は70mAです。

LTE対応アンテナとしてTaoglasのFXP14.07.0100Aが付属します。U.FLコネクタにアンテナを接続してください。

仕様

  • 搭載LTEモジュール : SARA-R410M-63B
  • 対応LTEバンド : 1, 8, 19
  • 最大通信速度 : 下り300 kbit/s 上り375 kbit/s
  • 対応キャリア : NTT DoCoMo、SoftBank
  • 対応SIMサイズ : nano SIM
  • 基板の電源電圧 : 5V
  • I/O電圧 : 1.8V

内容物

  • SARA-R410M LTEモジュールピッチ変換基板
  • LTE対応アンテナ

基板(表)

基板(裏)

非同期シリアル・インターフェース

ボーレートは115200bps、8データビット、1ストップビット、パリティビットなし。RXD端子は送信(出力)、TXD端子は受信(入力)です。ハードウェアフロー制御は未サポートですがRTS端子はLOWレベルを設定してください。

電源ON

電源投入後、一定時間PWR_ON端子にLOWレベルを設定してください。

ATコマンド

SORACOM Airのplan-D(ドコモ回線)を使ってインターネットに接続する手順を示します。ATで始まる文字列がATコマンドです。ATコマンドの詳細はSARA-R4 AT Commands Manualを参照してください。

接続回線にNTT DoCoMoを選択します。

AT+UMNOPROF=20
OK
AT+CFUN=15
OK

SORACOMのAPN名、ID、パスワードを設定します。

AT+COPS=2
OK
AT+CGDCONT=1,"IP","soracom.io"
OK
AT+UAUTHREQ=1,1,"sora","sora"
OK
AT+COPS=0
OK

割り当てられたIPアドレスの確認、名前解決できるか(インターネットに接続できているか)確認します。

AT+CGDCONT?
+CGDCONT: 1,"IP","soracom.io","10.248.23.108",0,0,0,0

OK
AT+UDNSRN=0,"www.google.com"
+UDNSRN: "172.217.26.36"

OK

資料

商品コード: SSCI-062008