コンテンツにスキップ
営業日はカレンダー通り、土日祝日お休みをいただいております。お盆やお正月などの特別なお休みはこちらでお知らせいたします。
営業日はカレンダー通り、土日祝日お休みをいただいております。お盆やお正月などの特別なお休みはこちらでお知らせいたします。
SKU 6082

SPRESENSE用ガスセンサ BME680基板

送料区分:

商品コード:

在庫数: 21

発売日: 2020年5月1日

¥2,750
¥2,750 - ¥2,750
Current price ¥2,750

ソニーのマイコンボードSPRESENSEでBosch Sensortecの空気質センサBME680を使うための基板です。温度湿度気圧も測れます。

ライブラリのインストールが必要です。SPRESENSE公式サイトのドキュメント物理センサクライアントを作ってみるを参考にライブラリをインストールしてください。

I2Cのアドレスは0x77です。0x76にしたい場合は基板裏面のSJ1をはんだショートしてください。なお、前述のライブラリのサンプルスケッチでは「BME680_I2C_ADDR_SECONDARY」が0x77、「BME680_I2C_ADDR_PRIMARY」が0x76です。

基板上のR3、R4のパターンはI2Cのプルアップ用の抵抗のためのものです。SPRESENSE基板上でプルアップされているため未実装ですが、他の基板で使う場合は適宜1005サイズの抵抗をはんだ付けしてください。

2020/04/27時点で、Arduino IDE 1.8.12では上記ライブラリを使ったプログラムのコンパイルができませんでした。1.8.11をお使いください。

基板をSPRESENSEに挿す位置と向きにご注意ください。SPRESENSEのカメラコネクタに近い側に、この基板のロゴ「SPRESENSE BME680」とSPRESENSE基板上のSONYロゴのの向きが揃うのが正解です。

基板おもて裏

資料

寸法図