コンテンツにスキップ
営業日はカレンダー通り、土日祝日お休みをいただいております。お盆やお正月などの特別なお休みはこちらでお知らせいたします。
営業日はカレンダー通り、土日祝日お休みをいただいております。お盆やお正月などの特別なお休みはこちらでお知らせいたします。
SKU 555

mbed LPC1768用イーサネット接続キット

送料区分: 200

商品コード: SSCI-MBED-ETHER-KIT

発売日: 2011年3月18日

¥523
¥523 - ¥523
Current price ¥523

mbed LPC1768をイーサネットに接続する、小さくてシンプルなボードです。mbed LPC1768をブレッドボードで使用する場合に最適な設計です。キットですので、ハンダ付けをしていただく必要があります。

イーサネットジャックのLEDも光ります。

写真のように、mbed LPC1768の29番~36番のピンに並べて接続します。29番と30番は、イーサネットジャックのLEDを光らせるために使います。29番と30番をLEDに使わず、本来のI/Oとして使いたい場合には、ソルダージャンパーのパターンをカットしてください。並列するランドに引き出してあります。31番と32番はイーサネットには関係ありませんが、このボードを接続する事で使いづらくなるため、やはりランドに引き出してあります。その他、GNDのランドが2個、3.3Vのランドが2個(3V3と表記)あります。

33番~36番のピンがイーサネットです。最低限、この4本が接続されていればイーサネットとして機能します。LEDを光らせたい場合は、GNDをmbed LPC1768のGNDに接続してください。また、イーサネットの安定性のため、3.3Vもmbed LPC1768に接続するのが望ましいです。

付属品

  • 基板 1枚
  • イーサネット用RJ45ジャック(トランス入り) 1個
  • 抵抗器 150Ω 2本
  • 積層セラミックコンデンサー0.1μF 2本
  • ピンヘッダ 1×8P 2個

※掲載写真には写ってませんが、ピンヘッダも付属します。

組み立て方

回路図(pdf)

並べて接続

29番~36番のピンに並べて接続します。この写真では、GNDおよび3.3Vは接続していません。

接続例

できれば、GNDおよび3.3Vをmbed LPC1768に接続します。電源のランドにはピンヘッダを上側にハンダ付けし、オスメスのジャンパワイヤで接続するのがお勧めです。

file