コンテンツにスキップ
2024年7月11日より、入荷通知の送信元メールアドレスが notify@backinstock.switch-science.com に変更になりました。
メンテナンスによるサービス停止のお知らせ:7月20日(土)午前8時ごろ10分程度予定。メンテナンス中の場合、しばらく経ってから再度アクセスしてください。
2024年7月11日より、入荷通知の送信元メールアドレスが notify@backinstock.switch-science.com に変更になりました。
メンテナンスによるサービス停止のお知らせ:7月20日(土)午前8時ごろ10分程度予定。メンテナンス中の場合、しばらく経ってから再度アクセスしてください。
SKU 4118

ESP-WROOM-02 ピッチ変換基板 コンパクト

送料区分: 200

商品コード: ABBC-011

発売日: 2018-11-16

在庫数: 20

短いURL: ssci.to/4118

¥223 (税込)
¥223 - ¥223
Current price ¥223

“ESP-WROOM-02ピッチ変換基板コンパクト”は最も小さいピッチ変換基板です。

  • 10 x 8 ピンサイズに収めました。小さなブレッドボードでも、左右1列を利用出来ます。
    • ブレッドボードを複数枚用意しなくても、素早く開発に着手出来ます。
  • 開発ボードで動作確認後、プロトタイプを小型化出来ます
    • 10 x 8ピンのユニバーサル基板に搭載すれば、80ピンに部品をマウント出来ます。ESP-WROOM-02 に 16 ピン、電源に20ピン程度利用しても、50ピン以上に機能実装可能です。プロトタイピングを、電源も含めて25 mm x 25 mm程度で実現出来ます。
  • プロトタイプを、必要な部品のみで構成出来ます。
    • 例えば、シリアル通信によるFirmwareの書き込みは、運用時には不要です。これらの部品を除き、必要な部品のみでプロトを構成することで、省サイズ、省コストを実現出来ます。
  • 全てのピンを引き出しているので、ESP-WROOM-02の全ての機能を活用出来ます
    • 小さいですが、全てのピンへのアクセスを確保しています。このピンを使いたかったのに引き出されていない、、、ということがありません。

注意

  • はんだ付けが必要です
    • 1.27 mmピッチの細かなはんだ付けが必要です。はんだ付けに自信のない方は、覚悟を持ってご購入ください。
  • 基板のみです
    • ESP-WROOM-02本体やピンヘッダ等は、別途ご用意ください。
  • 小ささを追求するため、スルーホールの不要な部分をカットしています。
    • 下記の写真のように、スルーホールを一部カットしています。はんだ付けや、導電性には問題ありません。

file

file

file

file

file

file

a bit better circuitさんからの受託販売商品です。輸送上の問題は当社が責任を負います。技術的なご質問には、当社ではお答えできません。ご自身で解決していただく必要があります。

商品コード: ABBC-011