コンテンツにスキップ
地震や土砂災害、海上輸送の影響で一部地域に配送遅延が出ている可能性があります。心当たりのある地域にお住まいの方は、こちらから詳細をご確認ください。
大雪や地震、土砂災害、海上輸送の影響で一部地域に配送遅延が出ている可能性があります。心当たりのある地域にお住まいの方は、こちらから詳細をご確認ください。
SKU 3426

SparkFun ワイヤレスモータードライバシールド

送料区分: 200

商品コード: SFE-DEV-14285

発売日: 2017-08-29

在庫数: 3

短いURL: ssci.to/3426

¥4,341
¥4,341 - ¥4,341
Current price ¥4,341

Arduinoベースのプロジェクトで、モーターやセンサなどの部品をより速く、より簡単に接続するために設計されたモータードライバシールドです。東芝TB6612FNG HブリッジモータードライバとXBeeが利用できるソケットを搭載しています。

同時にふたつのモーターを時計回りおよび反時計回りに回転させたり、ブレーキをかけたりすることができます。1チャンネル当たり13 Vで1.2 Aまで出力することができるため、様々なモーターを制御することができます。各GPIOピンは一般的なサーボが挿さるPWR、GND、SIGの3ピンに引き出しています。そのため、3ピンサーボケーブルでサーボを簡単に接続することができます。

電源供給はVINを通してArduinoから、またはシールドのDCジャック(外径5.5 mm/内径2.1 mm)から行うことができます。電源供給方法は、オンボードのスライドスイッチで切り替えることができます。シールドのDCジャックから電源を供給すれば、複数のサーボを接続してロボットプロジェクトに5 V以上を必要とする用途でも利用することができます。DCジャックから供給する場合の電圧は、15 Vまで利用可能です。そのまま電圧がでるので、モータやサーボの定格にはお気をつけください。また、電流はトータルで3.0 Aまで流すことができます。

このシールドはI²Cのピン配列とXBeeのソケットを備えているため、XBeeベースの遠隔操作に最適です。XBeeモジュールをシールドのソケットに差し込むだけで、シンプルなリモートコントロールローバーや小型自律ロボット用の制御システムを作ることができます。

組み立て例

file
※本モータードライバシールド以外は付属しません。

特徴

  • TB6612FNG Hブリッジモータードライバ搭載
  • XBeeソケット
  • I²Cヘッダ
  • Arduino Uno R3レイアウト

資料

製造元希望小売価格:24.95ドル(税別)
製造元の販売ページ:https://www.sparkfun.com/products/14285

商品コード: SFE-DEV-14285