コンテンツにスキップ
営業日はカレンダー通り、土日祝日お休みをいただいております。お盆やお正月などの特別なお休みはこちらでお知らせいたします。
営業日はカレンダー通り、土日祝日お休みをいただいております。お盆やお正月などの特別なお休みはこちらでお知らせいたします。
SKU 103

LilyPad Arduino(旧型、自動リセット有り)

送料区分: 200

販売終了

商品コード: SFE-DEV-08465

発売日: 2008年11月21日

Sold out
¥1,047
¥1,047 - ¥1,047
Current price ¥1,047

販売終了です。後継品は、LilyPad Arduino 328です。

ご存じとは思いますが、軽く復習しておきましょう。LilyPad ArduinoはArduinoシリーズの一種で、服に縫い付けて使うことを目的としています。配線は、導電糸(電気を通す糸)を使って行うのです。パッドとの接続はハンダ付けではなく、導電糸をしばりつけることによって行います。そのため、パッドはかなり大きく作ってあります。様々な機能を持つ周辺モジュールが提供されていることも特長です。明るさセンサ、加速度センサ、スイッチ、LED、ブザー、バイブレータなどなどです。

さて、いわゆる普通のArduinoであるDuemilanoveとか、その前身のDiecimilaには「自動リセット」機能があります。つまり、PCからスケッチ(プログラムのこと)をダウンロードしようとすると、自動的にリセットがかかり、ダウンロードを受け入れる状態になります。これまでLilyPadにはその機能はありませんでした。そのため、ダウンロードをする直前にLilyPad上のボタンを手で押してリセットする必要がありました。

それが、ついに自動リセットを持つ新バージョンに変わりました(2008年11月)。このため、シリアルポートを接続するピンヘッダのピン数が増えています。ここには、原則として簡易USB~シリアルアダプタモジュール3.3V版または5V版を接続して使います。以前のLilyPad USBリンクでは自動リセットは働きません。ご注意ください。

動作電圧:2.7~5.5V

製造元希望小売価格:21.95ドル(税別)
製造元の販売ページ:http://www.sparkfun.com/...