iot
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

M5StickC用1軸直動機構

M5StickCまたはM5StickC Plusをコントローラとして使用する小型の直動機構モジュールです。約25 mmの範囲でスライド部を直線状の任意の位置に動かすことができます。

本製品は組み立て済みですが、M5StickC/Plusは付属していません。別途ご用意ください。

特徴

  • ソフトウェアで制御することにより、約25 mmの範囲でスライド部を任意の位置に動かすことができます。
  • モータとモータドライバを内蔵しており、制御用ソフトウェアを書きこんだM5StickC/Plusを接続すれば動作させることができます。
  • スライド部の位置はスライド抵抗で分圧された電圧により知ることができます。
  • スライドスイッチを搭載しており、モータドライバに供給する電源をON/OFFすることができます。
  • 短時間であればM5StickC/Plusの内蔵バッテリだけで動作させることができます。

仕様

  • 本体サイズ:30 mm x 140 mm x 26 mm
    (縦x横x高さ ネジ頭部分を除く)
  • 本体質量:62 g(M5StickCを除く)
  • 本体素材:2.5 mm厚 MDF板
  • モータ:M3 x 55 mm 送りねじ付き N20 3 V 300 rpm DCモータ
  • ドライバIC:東芝TC78H653FTGモータドライバモジュール
    (ラージモード)
  • スライド抵抗:Alps Alpine RS30111 30 mm B10 KΩ
  • 電源:M5StickCより供給(内蔵バッテリでも動作可)

注意事項

  • M5StickC/Plusは付属していません。別途ご用意ください。
    サンプルプログラムのみ提供しています。アプリケーションに応じたM5StickC/Plus用の制御プログラムをご用意ください。
  • ハンドメイド品のため、精度や耐久性は低いです。ホビー用としてご使用ください。
  • 個体差により、動作中にスライド部分が蛇行したり上下に動くことがあります。
  • M5StickC/Plusはピンヘッダのみで固定されるため、USBケーブルが引っ張られるなどした場合にはM5StickC/Plusが外れる可能性があります。必要な場合には別途M5StickC/Plusを固定して下さい。
  • 本製品のモータドライバ用スライドスイッチがONの時には、M5StickC/Plusの電源がOFF状態でもモータドライバに電源が供給されLEDが点灯します。電源をOFFにする際にはスライドスイッチもOFFにしてください。
  • M5StickC/Plusより電源を供給しているため、大きな負荷がかかった場合にはM5StickC/Plusの電源保護が働き電源がONにならなくなる時があります。

動画

資料


こちらの商品はいしかわきょーすけさんからの受託販売商品です。
輸送上の問題は当社が責任を負います。技術的なご質問には、当社ではお答えできません。上記技術資料のページなどをご参照の上、ご自身で解決していただく必要があります。

2021年10月8日更新
Name M5StickC用1軸直動機構
Code ISKW-003
SKU# 7518
Shipping 650
税込単価 4,400 JPY
数量
在庫 1 (即日出荷可能)
次回入荷
短縮URL ssci.to/7518
公開日 2021年10月8日