iot
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

DC電流パルス検知基板

概要

  • 直流信号線のON、OFF状態をクランプ式CTセンサで検出するための変換基板です。
  • 本変換基板とクランプ式CTセンサによって信号線を加工せずに直流信号線の状態を取得することができます。
  • 信号線ON/OFFによって発生するパルスをCTセンサで検出し、状態をラッチします。
  • ラッチ保持した状態(信号線のON/OFF状態)を1/0のデジタル信号として出力します。
  • 基板上の可変抵抗でパルス検知閾値を変更することができます。
  • CTセンサを同梱しています(ロットによって予告なしに変更する場合があります)。
  • 信号線の電流に応じて閾値を変更することで5 mA~50 mA程度の信号線のON/OFF状態を出力できます。
  • コネクタはGrove互換コネクタ、電源は3.0 V~5.5 Vです。
  • 出力はSTA1、STA2の2つあり、閾値が正しく設定されている場合、一方がONでもう片方はOFFとなります。

仕様

  • 固定穴:M3 x 2、幅19 mm
  • 基板サイズ:30 mm x 25 mm(CTセンサ含まず)

基板画像

注意

  • 電源投入直後のデジタル出力状態は不定です。
  • 信号線ON/OFFによって発生するパルスの向きでON、OFFを検知するため、電源投入直後はSTA1、STA2の状態と信号状態が一致しません。
  • 電源投入後に信号線のONとOFFを1回繰り返すことで以降の信号線のON/OFF状態を保持して信号の状態をデジタル出力します。
  • 微弱な直流信号状態をCTセンサで簡易的に取得することを目的としており、10 A以上の大電流のON/OFFの検出には使用しないでください。
  • 直流信号線のON/OFFの立上がり、立下りの勾配が緩やかな場合は検知できない場合があります。
  • STA1、STA2の両方がON状態の場合は閾値が正しく設定されていないため、可変抵抗を調整してください。
  • 信号線の電流が5mA前後の小さい場合やCTセンサの設置環境、配線の引き回し等の影響で誤検知する場合があります。
  • ノイズが多い環境では誤検知する可能性があります ノイズ源から距離を保ち、CTセンサのケーブル長さを短くする等の対策を行ってください。
  • 信号状態を簡易的に取得することを目的としており、信頼性が求められる目的で使用しないでください。
  • 同梱のCTセンサは納品タイミングによって予告なしに変更する場合があります。

資料


こちらの商品は、Crescentさんからの受託販売商品です。
輸送上の問題は当社が責任を負います。技術的なご質問には、当社ではお答えできません。上記技術資料のページなどをご参照の上、ご自身で解決していただく必要があります。

2021年8月10日更新
Name DC電流パルス検知基板
Code CRESCENT-028
SKU# 7396
Shipping 650
税込単価 3,200 JPY
数量
在庫 0
次回入荷
短縮URL ssci.to/7396
公開日 2021年8月10日
入荷通知 ログインすると入荷通知を受け取るための設定ができます。