iot
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

LoRaWAN対応無線モジュール Rhino WAN

Rhino WANは、LoRaWAN™対応のArduino互換機です。無線モジュールに統合されたSTM32L0はARM Cortex-M0+ベースの超低消費電力32bitマイコンで、Arduino IDEを使って簡単にプログラミングできます。

ジャンパJP2は電源入力部の保護ダイオードをバイパスするもので、電源電圧からの電圧降下を無くすことができます。 この場合、USB電源5Vとの衝突や逆接続に対する保護が無くなりますので注意が必要です。 本品はUSBに関して独自のVendorIDを取得していませんので、ST社のUSBドライバが適用されます。

その他の詳しい説明や、使用方法、サンプルスケッチなどはサポートページをご覧ください。

仕様

  • 基板仕様:FR4 4-Layer 40.64 mmL×17.78 mmW
  • 無線モジュール:村田製作所 CMWX1ZZABZ-078
  • 集積チップ:STM32L082CZY, SX1276
  • PC接続コネクタ:USB2.0 microUSB TypeB(TypeAB形搭載)
  • 定格電源電圧:3.5~5.5 VDC
  • レギュレータ出力:3.3 VDC / 150 mA
  • 無線送信時消費電流:47 mA @14 dBm
  • 停止モード消費電流:2.1 µA
  • 動作温度範囲:-10~60℃
  • RF50 Ω / USB90 Ωインピーダンス制御基板

資料


こちらの商品は、サイローラ株式会社さんからの受託販売商品です。輸送上の問題は当社が責任を負います。技術的なご質問には、当社ではお答えできません。 上記技術資料のページなどをご参照の上、ご自身で解決していただく必要があります。

2021年3月25日更新
Name LoRaWAN対応無線モジュール Rhino WAN
Code CYROLA-002
SKU# 6748
Shipping 200
税込単価 6,820 JPY
数量
在庫 2 (即日出荷可能)
次回入荷
短縮URL ssci.to/6748
公開日 2020年11月10日