international
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

AC電流センサ基板

概要

  • ホール素子を用いた低侵襲AC電流センサ基板です。
  • 一般的なCT電流センサでは片方のみをクランプさせる必要がありますが、当センサは一般的な電源ケーブルを加工せずに近接させて使用します。
  • 電源ケーブルの電流に応じて比例してアナログ電圧が出力されます。
  • 機器のON、OFF状態の確認や大まかな電流変化の確認用途に最適です。
  • 可変抵抗RV1で感度調整が可能です。
  • センサ電源は2.5 V~5 V電源を供給してください。

注意

  • 同じ電流であっても電源ケーブルの種類や取り付け位置によっても磁界の大きさが変化するため、出力も合わせて変化します。
    そのため、電流とアナログ出力電圧の関係はクランプ式電流センサ等で必要に応じて 事前に確認してください。
  • その他の注意点はサポートページをご覧ください。

外観

使用例

資料


こちらの商品は、Crescent様からの受託販売商品です。輸送上の問題は当社が責任を負います。技術的なご質問には、当社ではお答えできません。 上記技術資料のページなどをご参照の上、ご自身で解決していただく必要があります。

2020年9月16日更新
Name AC電流センサ基板
Code CRESCENT-023
SKU# 6582
Shipping 200
税込単価 2,000 JPY
数量
在庫 多数 (即日出荷可能)
次回入荷
短縮URL ssci.to/6582
公開日 2020年9月16日