international
cashless ※PayPalアカウントが必要です
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

ATtiny10用書き込み補助基板Rev.2

本商品はATtiny10書き込み補助基板のRev.2です。

ATtiny10をDIP化基板を使わず、かつ基板に書き込み用ピンを作ることなくプログラムを書き込むための基板と治具です。
表面実装マイコンを書き込みピンのない基板につけてしまうと再プログラミングはできなくなってしまいますが、「米粒AVR」と言われるATtiny10の小ささを最大限に活かすことができます。
通常、このような書き込みには上下から挟み込む変換ソケットというものを利用するのですが、日本ではなかなか入手できず、あっても高いので、治具を手で押さることで挟み込みソケットの代わりをして書き込むキットです。

注意
※書き込みを補助するための基板なので、単体での書き込み機能はありません。AVRISPmk2などのプログラマーを別途ご用意ください。

概要紹介・使い方解説動画

※動画の内容はRev.1のものですが、ATtiny10のピンが引き出してある以外は全て同じです。

キット内容

  • 書き込み基板 1枚
  • マイコンガイド用治具 2種類
  • M3ネジ、ナット 各2個
  • ピンヘッダ 1*3 4個
  • ピンヘッダ 1*2 1個

※治具の色は変更になる場合があります。

  • Rev.2での変更点
    ATtiny10の各ピンを引き出したスルーホールを追加しました。
    付属のピンヘッダや2*3のピンソケットをつけることでATtiny10に書き込んでそのまま簡易的に動作チェックなどをすることができます。
    接続先次第では書き込みエラーになることがありますので、その際は書き込み時はケーブルを抜いてください。

ATtiny10は約3mm×3mmのスペースに実装できます

資料

こちらの商品はnecobitさんからの受託販売商品です。
輸送上の問題は当社が責任を負います。 技術的なご質問には、当社ではお答えできません。 上記技術資料のページなどをご参照の上、ご自身で解決していただく必要があります。

2019年12月3日更新
Name ATtiny10用書き込み補助基板Rev.2
Code NECOBIT-012
SKU# 5800
Shipping 150
税込単価 880 JPY
数量
在庫 多数 (即日出荷可能)
次回入荷
短縮URL ssci.to/5800
公開日 2019年9月3日