コンテンツにスキップ
2024年7月11日より、入荷通知の送信元メールアドレスが notify@backinstock.switch-science.com に変更になりました。
2024年7月11日より、入荷通知の送信元メールアドレスが notify@backinstock.switch-science.com に変更になりました。
What's the Buzz With Swarm?

What's the Buzz With Swarm?

こんにちは、菅井です。結局木枯らしは吹かずに冬に突入しました。ブラックフライデーも終わりホリデーの感じが高まってきました。気分的はもう年末モードですね。

New Product Fridayは、米国現地時間の毎週金曜日に公開される、米国SparkFun社の新商品を紹介するブログ記事です。スイッチサイエンスでは、翌週火曜日の夕方の17時に日本語に訳して公開しています。(編集注:先週はブラックフライデーでSparkFunの記事は全て直接注文をしたものに限定されていたため、割愛しました。)

What's the Buzz With Swarm?(編集注「Swarmで何をざわめいているの?」としました。)

こんにちは、感謝祭明けのFriday Product Postがやってきました。こちらではこの2週間、料理したり 家族と一緒に過ごして、年末年始の予定を立てたりしてくつろいで過ごしていましたが、仕事に戻って新商品をご紹介する時になりました。今週は、新しいSparkFun Swarm M138 Satellite Transceiver Kitをご紹介します。これは、軌道からデータを送受信のため、Swarmの衛星ネットワークを利用できるオールインワンキットです。そのあとは、限定版ボードのConstellation MultiStar Ornamentをご紹介します。これは、Qwiic Constellation Kit(この後ご説明します)に同封されているものと同じボードですが、お祭り騒ぎのホリデーの飾りつけ用に変身させました。動作しますのでご心配なく。それでは今週の新商品を詳しく見ていきましょう。

Swarmで全世界からお手軽価格での接続!
SparkFun Satellite Transceiver Kit - Swarm M138

 

衛星経由でデータメッセージの送受信を低価格で行う方法を探していますか?それであればこれがそうです。空が見通せれば、SparkFun Swarm M138 Satellite Transceiver Kitで自在にショートメッセージを送受信できます。このキットはWiFiや携帯電話ネットワークから遠く離れた極地など世界のほとんどどこでも動作します。人々をつなげ、車両、船舶、小包を追跡することから、農業、エネルギー、産業用IoTアプリケーションなど、センサデータ中継まで、低帯域のさまざまなユースケースにピッタリです。本キット内蔵GNSSレシーバーにより、Swarmの衛星ネットワークのおかげで多くの追跡アプリケーションにピッタリです。

SparkFun Qwiic MultiStar Constellation Ornament

WIG-21277
$4.95
※スイッチサイエンスではお取り寄せも承っております。

 

Qwiic コネクタが一つしかないQwiic対応ボードをデイジーチェーンしようとしてお困りになったことはありませんか? それともデイジーチェーンの真ん中にないQwiicに対応するボードが必要になったことは?SparkFun Qwiic MultiStarは I2C バスにQwiicポートが一つしかないボードに5ポートを追加します。ご好評につき、MultiStarを手直しして、Qwiicコネクタ5つの天体バージョンの MultiPortにしました。追加すれば、必要なだけバスにI2Cデバイスを追加できるハブとしてお使いになれます。SparkFun Constellation MicroMod Kit

SparkFun Constellation MicroMod Kit

KIT-21224
$1.95

 

※スイッチサイエンスではお取り寄せも承っております。

MultiStarが一部として含まれているフルキットがお望みなら、SparkFun Constellation MicroMod KitSkeleBoardSnowBoardに仲間入りできます。今年はボード単体をリリースする代わりに、フルキットを発売することにしました。このキットは、ボックスの中に MicroModとQwiic の両方を、限定バージョンのMicroMod ATP キャリアボードとMultiStar(今年のエイプリルフールのジョークでした)を組み合わせました。今回はジョークではありません。お客様のご要望により、MultiStar を手直しし、動作する安全性の高い MultiPort天体バージョンを開発しました。このキットには、MicroModスクリュードライバとQwiic ケーブル2本が含まれており、接続できます。キットのATP キャリアボードとMultiStarは艶消し黒のプリント基板で、白色シルク印刷で星空が描かれています。

 

今週は以上です。今週紹介した製品をつかってなにか面白いものができたら、@sparkfun宛てにツイートか、またはInstagramやFacebook等でどんなものを作られたかをお知らせください。
原文:What's the Buzz With Swarm? ※一部、原文に説明を追加している部分があります。また、文中にスイッチサイエンスのお取り寄せページへのリンクを追加しています。
前の記事 ESP32シリーズの性能を比較してみる (M5Stack Core2 vs CoreS3 - PSRAMアクセス性能編)