コンテンツにスキップ
Get Started With Blues Wireless

Get Started With Blues Wireless

菅井です。節分も終わり、立春を過ぎました。ここ神楽坂の近くでも大学入試が始まりました。気温も心なしか和らぎ、冬が終わりつつあるのを感じてしまいます。

New Product Fridayは、米国現地時間の毎週金曜日に公開される、米国SparkFun社の新商品を紹介するブログ記事です。スイッチサイエンスでは、翌週火曜日の夕方の17時に日本語に訳して公開しています。

Get Started With Blues Wireless(編集注:「Blues Wirelessをはじめよう」。)

2023年2月最初のProduct Postの時間です。今月は短い月ですが、楽しい月でもあります。今週は、ピカピカの新製品、SparkFun Blues Wireless MicroMod スタータキットをご紹介します。このキットはMicroModだけでなくBlues Wirelessのセルラー構成を始める優れた出発点です(簡単なプロジェクトをで開始できるよう、Qwiicセンサも付属しています)。その次は、MyoWare 2.0がアップデートされ、販売再開になったお知らせです。そして新しいアンテナ、はんだ付けキット、お買い得なLEDキットで締めます。では、新製品をご紹介しましょう。

 

今日からBlues Wirelessを始めよう!
 

SparkFun Blues Wireless MicroMod Starter Kit

 

SparkFun Blues Wireless MicroMod スタータキットは、Notecarrier Cellular ファンクションボードを一番簡単に始める方法で、接続してプロトタイピングを始めるために必に要なもの全て揃っています。また、Notecarrier Function Boardと一緒に、最短でキットを使い始められるよう、MicroMod MainBoard (V2.1) 、STM32 Processor Board (V2.0)BMA400 Qwiic Triple Axis Accelerometer Breakoutの最新バージョンが付属しています。必要なケーブルとアンテナもお付けしますのでご心配なく。MyoWare 2.0 Muscle Sensor

MyoWare® 2.0 Muscle Sensor がアップデートされ、再入荷しました。  Advancer Technologies社のArduino対応のオールインワン筋電図(EMG)センサで、お使いの電子機器を制御できます。 MyoWare 2.0 Muscle Sensor は最初から再設計され、新しく使い易く、コンパクトデザインで、センサ性能と信頼性を改善するため、最新で最高のチップセットでアップグレードされました。革新的なスナップコネクタシステムによりMyoWare 2.0 エコシステムにはんだ付けでの接続が不要になりました。. 電極(別売)に張り付けて、出力電圧を読み取り、筋肉を動かしましょう。

 MyoWare 2.0 Muscle Sensor Development Kit と MyoWare 2.0 Muscle Sensor Basic Kit 両製品も復活しましたのでご安心ください。

 

 810~910 MHz (中心周波数868 MHz) または433 MHz用設計されたアンテナは、離れた場所のLoRaノードに理想的です。アンテナにはSMAコネクタを使用し、長さ 200 mmで、ゲインは2 dBiです。

Day of the Geek - Soldering Badge Kit (Black with White Silk Screen)

 

死者の日(編集注:Day of Deadは、メキシコで11月2日に行われる風習です)は年1回だけですが、好きなときに祝えるとしたら?白地に黒 または 黒地に白 バージョンDay of the Geek はんだ付けキットは、ライトアップされた骸骨バッジの組立ではんだ付けの基本を学習できます。Day of the Geek キットは、基本的なはんだ付けの材料(別売)を使って組立に5~10分かかります。シュガースカル(編集注:Day of Deadで用いられるドクロ)にはノーを、はんだ付けスカルにはイエスといいましょう。

Proto-PIC LED Selection Kit は、便利なキャリングケースに入ったLEDセットで、作業台やツールキットにピッタリです。このキットには3 mmと5 mm両方の各色があり、全て3 V 20 mAです。
今週は以上です。今週紹介した製品をつかってなにか面白いものができたら、@sparkfun宛てにツイートか、またはInstagramやFacebook等でどんなものを作られたかをお知らせください。
原文:Get Started With Blues Wireless ※一部、原文に説明を追加している部分があります。また、文中にスイッチサイエンスのお取り寄せページへのリンクを追加しています。
前の記事 Maker Faire x 3 お土産プレゼント2023