コンテンツにスキップ
DA16200 Comes to Thing+

DA16200 Comes to Thing+

こんにちは、菅井です。はやいもので、シルバーウィークに入りました。東京は台風が過ぎたあたりから一気に秋めいて涼しくなりました。もうすぐ秋分の日です。

New Product Fridayは、米国現地時間の毎週金曜日に公開される、米国SparkFun社の新商品を紹介するブログ記事です。スイッチサイエンスでは、翌週火曜日の夕方の17時に日本語に訳して公開しています(編集注:今週はショップリニューアルの影響で公開が若干遅れました。ごめんなさい)。

DA16200 Comes to Thing+ (編集注「Things+にDA16200がやってきた」)

こんにちは、再び金曜日がやってきました。大成功のDumpster Diveイベントのすぐ後でまた新製品をお知らせする週になりました。この素敵な金曜日にお見せするものをご用意しました。まず最初は新しいDA16200 Thing Plusです。これは新しいWiFi開発プラットフォームで、超低消費電力かつFeather互換のフォームファクターが印象に残ること間違いなしです。その後は、ESP32 IoT ReadBoardで、独自のスターターキット付きです。ガイド付きですのでご心配なく。それでは今週の新製品2点を見ていきましょう。

 

Thing Plus!に超低消費電力WiFi機能

 

SparkFun Thing Plus - DA16200
SparkFun Thing Plus - DA16200
WRL-19696
$34.95
※スイッチサイエンスではお取り寄せも承っております。

SparkFun DA16200 Thing Plusは、Dialog社のSoC(システム・オン・チップ)に内蔵された超低消費電力WiFiシステムを活用、WiFI/IoTソリューションの開発が可能になりました。DA16200 モジュールには、802.11b/g/n 無線(PHY)、ベースバンドプロセッサ、メディアアクセスコントローラ(MAC)んチップメモリ、ホストネットワーキングアプリケーションプロセッサすべてをシリコンダイ上に内蔵しています。Thing Plusを使い易くするために、ボードはFeather互換にして便利なQwiicコネクトシステムを利用しています。つまり、システム接続には、はんだ付けやシールドは不要です。!

ESP32 IoT RedBoardについてもう少しお知りになりたい場合にはどうぞ。

SparkFun IoT RedBoard Kit - ESP32
SparkFun IoT RedBoard Kit - ESP32
KIT-20672
$49.95
※スイッチサイエンスではお取り寄せも承っております。

SparkFun IoT RedBoard Kitは、IoT RedBoard - ESP32を使うため必要なものすべてをお届けします。このキットには、ESP32開発ボードであるSparkFun IoT RedBoard 、Qwiic 高精度温度センサ100mm Qwiic ケーブルUSB A/C 変換ケーブル1GB microSDカードが入っています。

今週は以上です。今週紹介した製品をつかってなにか面白いものができたら、@sparkfun宛てにツイートか、またはInstagramやFacebook等でどんなものを作られたかをお知らせください。

原文:DA16200 Comes to Thing+ ※一部、原文に説明を追加している部分があります。また、文中にスイッチサイエンスのお取り寄せページへのリンクを追加しています。

前の記事 Shopifyの新しいチェックアウト機能への移行 2 - Shop PayとFunctions