コンテンツにスキップ
CAN Bus & Cam NoIR

CAN Bus & Cam NoIR

菅井です。6月になりました。先週末は荒天になりましたが、台風一過でその後はまた初夏のような気候になりました。東京も今週には梅雨入りしそうです。

Friday Product  Postは、米国現地時間の毎週金曜日に公開される、米国SparkFun社の新商品を紹介するブログ記事です。スイッチサイエンスでは、翌週火曜日の夕方の17時に日本語に訳して公開しています。

CAN Bus & Cam NoIR(編集注:「CANバスとNoIRカメラ」)

みなさんこんにちは。Friday Product Postの時間になりました。今週、紹介する製品は2点で、SparkXからリリースされたMicroMod CANバスファンクションボードからです。その名前が示すように、このボードはMicroModにCANネットワークを付け加えます。その後は、Raspberry Pi カメラモジュール3 NoIRです。それでは今週の新製品2つを詳しく見ていきましょう。

MicroMod CAN Bus Function Board

MicroMod CAN Bus Function Board

SPX-21775
$24.95
※スイッチサイエンスではお取り寄せも承っております。

 

CAN(Controller Area Network:コントロールエリアネットワーク)バス(CAN) は、乗用車、照明制御、ビルオートメーションまで、あらゆる種類のアプリケーションにおける一般的な通信スタンダードです。このMicroMod CAN Bus Function Board は、MicroModにCANネットワークを追加、CAN通信にはスタンドアローンCANコントローラMCP2515と高速CANトランシーバMCP2551 のペアで処理されます。

Raspberry Pi Camera Module 3 NoIR

Raspberry Pi Camera Module 3 NoIR

Raspberry Pi Camera Module 3 NoIRは、主力Raspberry Piカメララインアップの最新作で、IRフィルタ付き(故にNoIR)です。12メガピクセルのSony IMX708イメージセンサモジュールを採用、前製品より重要な点で向上しています。明かりが不十分の場合でも、低照度の感度向上で改善された写真と出力が得られます。また、電動オートフォーカスも搭載しており、シャープな写真出力を簡単に得られます。さらにHDR(Hiigh Dynamic Range) 対応で、出力の色とコントラスト範囲を拡大しています。
 

今週は以上です。今週紹介した製品をつかってなにか面白いものができたら、@sparkfun宛てにツイートか、またはInstagramやFacebook等でどんなものを作られたかをお知らせください。
原文:CAN Bus & Cam NoIR ※一部、原文に説明を追加している部分があります。また、文中にスイッチサイエンスのお取り寄せページへのリンクを追加しています。

 

前の記事 Shopifyの新しいチェックアウト機能への移行 2 - Shop PayとFunctions