コンテンツにスキップ
ADC/DAC

ADC/DAC

菅井です。今日で1月も終わり、明日から2月です。まだまだ寒いですが、心なしか、昼の時間が伸びてきたような気がします。

New Product Fridayは、米国現地時間の毎週金曜日に公開される、米国SparkFun社の新商品を紹介するブログ記事です。スイッチサイエンスでは、翌週火曜日の夕方の17時に日本語に訳して公開しています。

ADC/DAC (編集注:「ADコンバータとDAコンバータ」。)

みなさん、Friday Product Postの時間です。今週は、限界性能を引き出し(編集注:原文は"cranking things to 11"です。"up to eleven"というイディオムが語源のようで、この映画が元ネタです)、デジタルをアナログ、アナログをデジタルに変換します。そう、Qwiic対応オーディオコーデックブレークアウトが発売されました。オーディオボードに関する限り、興味おありなら本当に欲しくなる1枚です。また、このボードの詳細に触れたビデオもチェックしましょう(編集注:今週のビデオはおなじみのRobと本製品開発者のPeteの掛け合いで音楽的にも見ごたえのある内容です)。その後は、お求め安くなったホットエアリワークステーションの新バージョンです。それでは今週の新商品をご紹介します。

 

TNTだ!ダイナマイトだ!
(編集注:演奏している曲かと思いましたが、わかりませんでした)

 

 

SparkFun WM8960 オーディオコーデックブレークアウトは1 WステレオD級スピーカードライバとヘッドフォンドライバのついた。小出力で高品質のステレオコーデックです。WM8960 はステレオのオーディオADC /DACとして機能し、標準オーディオデータプロトコルであるI2S(I2Cと間違えないでください) で通信します。本オーディオコーデックは機能が盛りだくさんで、ライン/マイク入力の自動レベル制御(ALC)、プログラマブルゲインアンプ(PGA)、ポップ/クリックノイズ抑制、I2S設定機能とI2Cによるアナログオーディオパススルーソフトウェアなど高度なオンチップデジタル信号処理を備えています。

 

このホットエアリワークステーションは、厳密な温度許容度と大容量のエアフローが必要なプロやホビーストに最適です。本ユニットは最大で毎分24リットルの流量とともに実際の空気温度を表示します。非常に強力なユニットで、標準SDMのリフロー/修理/除去、IC熱ストレステスト、熱可塑物質の溶接、シュリンクラップなど複数の応用に使用できます。
今週は以上です。今週紹介した製品をつかってなにか面白いものができたら、@sparkfun宛てにツイートか、またはInstagramやFacebook等でどんなものを作られたかをお知らせください。
原文:ADC/DAC  ※一部、原文に説明を追加している部分があります。また、文中にスイッチサイエンスのお取り寄せページへのリンクを追加しています。
前の記事 Shopifyの新しいチェックアウト機能への移行 1 - 代金引換と〇〇Pay