international
pcborder
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

Cap1 - LED Drivers for ESP

Cap1はスイッチサイエンス社ESPr® Developerまたは倉橋屋Board1をそのまま搭載して、3 chのパワーLEDを駆動することができます。LEDは300 mAで駆動され、Vfの合計は接続した電源電圧(最大24 V) - 5 Vまで直列接続が可能です。

基板には放熱を考慮して、通常の2倍の厚さ70μmの銅箔を使用しています。また、ボード上には温度センサ(STTS751)が搭載されており、動作中の温度を監視することも可能です。

3 chそれぞれにR、G、BのLEDを接続すれば、PWMで無段階で照明色をコントロールできます。水草水槽の照明をWi-Fi制御で切り替えるなどのアプリケーションにご活用ください。また、クールホワイト/ワームホワイトのLEDを接続して、光の波長をバランスよく配置したきれいな光源を作ることもできます。朝はクール目、夜は暖色系にシームレスに変化させる照明を自作できます。

file

LEDとの接続

ブロックターミナル等をご利用ください。

Board1との接続

file

Cap1に16ピンのピンソケット、Board1に16ピンのピンヘッダ(写真)またはロングピンソケットをお使いください。ロングピンヘッダを使うと、Cap1にBoard1を重ねたままの状態でUSBシリアルと接続できるので、デバッグがラクです。

ESPr® Developerとの接続

file

10ピンのピンソケット/ピンヘッダを2組ご使用ください。ESPr® Developerへの電源はCAP1から供給されます。CAP1に搭載したままの状態で、ESPr® DeveloperにUSBを接続しないでください。ESPr® Developerをプログラミングする際には、CAP1から取り外した状態にしてからUSBに接続してください。

内容物

1 x Cap1 - LED Driver for ESP

利用例

file

ご注意

当モジュールにはESPr® DeveloperBoard1、ピンヘッダ、ターミナルブロック、ジャンパワイヤ等は付属しません。適切なものをご自身でご用意ください。

資料

倉橋屋さんからの受託販売商品です。
輸送上の問題は当社が責任を負います。技術的なご質問には、当社ではお答えできません。 上記技術資料のページなどをご参照の上、ご自身で解決していただく必要があります。

※ESPrは、株式会社スイッチサイエンスの登録商標です。

2017年6月30日更新
名前 Cap1 - LED Drivers for ESP
コード番号 KURAHASHIYA-004
SKU# 3212
送料区分 500
単価 1,950
数量
在庫 9
短縮URL ssci.to/3212
公開日 2017年3月17日