international
pcborder
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

ESPr® Developer(ESP-WROOM-02開発ボード)

旧製品名:ESP-WROOM-02開発ボード
2016年6月9日より「ESP-WROOM-02開発ボード」シリーズを「ESPr Developer(エスパーデベロッパー)」という名称に変更しました。


ESP-WROOM-02 Wi-FiモジュールとUSB-シリアル変換IC FT231XSを搭載した開発ボードです。

その他にも3.3 V出力レギュレータやリセットスイッチ、動作モード切替用スイッチが搭載されているのでESP-WROOM-02 Wi-Fiモジュールをすぐにお使いいただけます。

ピンヘッダをはんだ付けすればブレッドボードに接続できます。ピンヘッダは付属していません。

ユーザーによるファームウェアの書き換えが、ESP-WROOM-02の工事設計認証を無効にする可能性について、メーカーのEspressif Systemsに確認をしました。同社は登録認証機関に確認した上で、Arduino core for ESP8266 WiFi chipまたは同社製SDKを使っている限りにおいては、認証には影響を与えないという回答を下さいました。他の開発環境など、ファームウェアを書き換える部分によっては、認証に影響を及ぼし得るとのことですので、ご注意ください。

Rev.3 FT231XSのハンダブリッジについて
- FT231XSのVCCを3.3Vに接続するとき、13番ピンを3V3に接続するようデータシートに記載されていたため、写真のようにブリッジをするようにしました。FT231XSの13〜15番ピンがハンダでブリッジしていても、不良ではありません。(2017/02/02)
file

Rev.2 外部電源(VINピン)について
裏面にRev.2と書かれた商品で外部電源(VINピン)を使用した際に不具合が発生する場合があります。Rev.3では改善されております。2016/07/29からRev.3に切り替わっております。

仕様

  • ESP-WROOM-02の特徴
    • IEEE 802.11b/g/n に対応(2.4 GHz)
    • 低消費電力の32 bit MCUを搭載
    • 10 bitA/Dコンバータを搭載
    • TCP/IPのプロトコルスタックを搭載
    • SDIO、(H)SPI、UART、I2C、I2S、IrDA、PWM、GPIOなどさまざまなインターフェースを搭載
    • ディープスリープモード時10 uA未満、電源オフ時5 uA未満
    • 起動からパケット送信まで2 ms未満
    • スタンバイ時消費電力 1 mW未満(DTIM3)
    • +20 dBm出力(802.11b使用時)
    • -40℃〜125℃
    • FCC、CE、工事設計認証取得済
  • USB : MicroUSB
  • FT231XS搭載
    • 2016年07月販売の初回ロットのみ通信確認用のLEDのTX、RX表記が逆になっており、ESP-WROOM-02からの送信時にRXのLEDが点滅してしまう不具合がありました。2016年08月以降に販売の物は修正済です。(2017/01/25)
  • リセットスイッチ、動作モード切替スイッチ搭載
  • 動作電圧:3.3 V
  • 電源ピン
    • VINピン : USB以外から電源を取るときに使います。3.7~6.0 V
    • 5 Vピン : USBからの給電時は5 Vを出力します。ただし、VINからの給電時にはVINの電圧を出力してしまうのでご注意ください。
    • VOUTピン : 5Vピンの名称をVOUTピンに変更しました。(2016.01.08) USBからの給電時は5V、VINからの給電時にはVINの電圧がVOUTから出力されます。
    • 3.3Vピンは出力専用ピンです。

内容物

  • 基板本体 × 1

資料

寸法図

2017年8月24日更新
名前 ESPr® Developer(ESP-WROOM-02開発ボード)
コード番号 SSCI-025003
SKU# 2500
送料区分 150
単価 1,944
数量
在庫 多数
短縮URL ssci.to/2500
公開日 2015年10月23日