international
pcborder
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

ESPr® Developer用環境センサシールド

ESPr developer(ESP-WROOM-02開発ボード)用の温度、湿度、気圧、明るさセンサ基板です。BME280とフォトトランジスタを搭載し、各種環境データを取得することができます。

ピンヘッダがはんだ付け済なので、ESPr developer(ピンソケット実装済)に直接挿せます。また、ブレッドボード経由で接続もできます。

逆向きに挿さないよう注意してください。ESP-WROOM-02のアンテナ部分を当ボードが覆わないようになっています。

内容物

本体 × 1

資料

I2Cについて

BME280はI2CでESP-WROOM-02とつながります。

  • SCL IO5(デフォルト)またはIO14
  • SDA IO4(デフォルト)またはIO2
  • I2Cアドレス 0x76(デフォルト)または0x77

I2Cアドレスを変更する場合はショートジャンパをカットし、SDOのシルクから遠い側のパッドと3V3端子をつないでください。VIN端子には3.3V以上の電圧がかかっている可能性があるので必ず3V3端子につないでください。

フォトトランジスタについて

フォトトランジスタは0~1Vに電圧変換されてESP-WROOM-02のTOUT端子につながります。ESP-WROOM-02でアナログ入力を使う時はスケッチの先頭に以下の記述が必要です。

extern "C" {
#include "user_interface.h"
}

ディープスリープ推奨

ESP-WROOM-02モジュールは動作すると熱を持つため、連続動作させると正しい温度が測定できません。ディープスリープモードを使って間欠動作させ、発熱を抑えて運用してください。ショートジャンパDEEPSLEEPでIO16とRESETが接続されています。IO16を別の用途で使いたいときはこのショートジャンパをカットしてください。

基板おもて面

基板裏面

ESPr developerに挿したようす

寸法図

2017年3月16日更新
名前 ESPr® Developer用環境センサシールド
コード番号 SSCI-027038
SKU# 2703
送料区分 150
単価 2,160
数量
在庫 多数
短縮URL ssci.to/2703
公開日 2016年6月15日