コンテンツにスキップ
2024年7月11日より、入荷通知の送信元メールアドレスが notify@backinstock.switch-science.com に変更になりました。
2024年7月11日より、入荷通知の送信元メールアドレスが notify@backinstock.switch-science.com に変更になりました。
SKU 1829

TSUBOLink-II(HRM1017用)--在庫限り

送料区分: 200

在庫限り

商品コード: SSCI-018296

発売日: 2014-07-23

在庫数: 3

短いURL: ssci.to/1829

¥2,475 (税込)
¥2,475 - ¥2,475
Current price ¥2,475

TSUBOLink-II (HRM1017用)は、HRM1017 BLEモジュールピッチ変換基板などにプログラムを書き込んだり、デバッグをしたりできるCMSIS-DAPデバッグアダプタです。mbed HRM1017のファームウェアが書き込まれていますので、mbedオンラインコンパイラで出力されたHEXファイルをドラッグ・アンド・ドロップでHRM1017 BLEモジュールピッチ変換基板に書き込むことが可能です。

「(HRM1017用)」とあるように、ドラッグ・アンド・ドロップで書き込むことのできるターゲットは、HRM1017モジュールのみです。Nordic SemiconductorのnRF51822を搭載した他のモジュールへの書き込みは検証しておりません。

内容物

  • TSUBOLink-II ×1
  • ジャンパーソケット ×1
  • リボンケーブル ×1

ジャンパーソケットを用いて、基板上のジャンパーをショートすることで、SWD (CoreSight 10)の1ピン、VTREFから3.3Vを給電することが可能になっています。

使い方
1.USBケーブルで本製品とパソコンを接続します
2.MBEDという名前で認識されます
3.本製品とHRM1017 BLEモジュールピッチ変換基板を組み合わせて使うことで、mbed HRM1017と同じように使うことができます。
※本製品の1.27mmピッチのコネクタに繋がっている信号線はSWDのみです。mbedと同様に使いたい場合、UARTは別途2.54mmピッチのコネクタを使って接続してください。

接続方法

基板上で白三角で図示されているピンが1番ピンです。

本製品に付属しているリボンケーブルを使用し、白三角同士が導通するように接続してください。

資料

基板おもて面

商品コード: SSCI-018296