コンテンツにスキップ
地震や土砂災害、海上輸送の影響で一部地域に配送遅延が出ている可能性があります。心当たりのある地域にお住まいの方は、こちらから詳細をご確認ください。
大雪や地震、土砂災害、海上輸送の影響で一部地域に配送遅延が出ている可能性があります。心当たりのある地域にお住まいの方は、こちらから詳細をご確認ください。
SKU 3328

CT Sensor Shield

送料区分: 650

商品コード: LAZURITE-CTSS

発売日: 2017-06-19

在庫数: 0

短いURL: ssci.to/3328

売り切れ
¥6,380
¥6,380 - ¥6,380
Current price ¥6,380

本商品をお買い上げいただいたお客様の情報は、ローム及びロームのグループ会社と共有をさせていただきます。購入の際は、この点ご了承下さい。


Lazurite Sub-GHzLazurite 920Jと、市販のクリップ式CTセンサ(電流センサ)を接続するための中継機板です。

例えば、30 Aまで計測できるSparkFun社のSEN-11005を用いた場合、20 mA~30 Aまで測定することが可能です。

LazuriteとCTセンサによるセンサノードを構成することで、測定した電流変動のデータを920 MHz帯域無線通信で、ゲートウェイに送信することができます。

CTセンサが出力する交流の電流信号は、CTセンサに搭載されている整流回路で整流します。そして、整流回路が出力する電流値を470 uFのコンデンサにチャージすることで、電流を電圧に変換し、その結果をADコンバータで内部に取り込むことで測定を行います。詳細は「CTセンサ電流測定方法」を参照してください。

※本基板はArduino Uno R3互換の端子配置を有しており、計測用のライブラリを移植することでArduinoを使用した電流モニタリングも可能です(当社ではサポートいたしません)。

仕様

  • 測定可能な電流値:CTセンサの出力が0~150 mA程度まで測定可能です(1000:1のセンサの場合は、150 Aまで測定可能)。
  • 精度:CTセンサシールドはキャリブレーション等を行っていません。470 uAのコンデンサの精度、及び測定時の電源電圧の影響で誤差が生じます。

資料

商品コード: LAZURITE-CTSS