iot
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

MyoWare 2.0 筋電位センサベーシックキット

MyoWare 2.0 筋電位センサベーシックキットは、筋肉の活動の測定や視覚化のために最低必要なものが含まれた、Arduino対応のオールインワン筋電位(EMG)センサキットです。

MyoWare 2.0 LEDシールドをはめ込み、EMG センサパッドを取り付け、センサを筋肉のグループに装着するだけで、簡単に筋活動を測定できます。

本キットには、以下のものも付属します。

  • 簡単にシールドを外せる小型ドライバ
  • 40 mAh LiPoバッテリーの充電、またはマイクロコントローラをコンピュータに接続するためのUSB A/Cケーブル
  • 大きな筋肉のグループに接続するためのMyoWare 2.0 リファレンスケーブル

本キット付属のMyoWare 2.0 筋電位センサは、一から設計し直され、新しく使い易くてコンパクトなデザイン、最新の優れたチップセットによってアップグレードされ、センサの性能と信頼性を向上させました。センサは一般には表面筋電(EMGまたはsEMG)と呼ばれる筋肉の活動を筋肉の電位により測定します。脳が筋肉を収縮させるように伝えると、電気信号が筋肉に送られ、運動単位(motor unit:筋肉の力を発生する筋繊維の束)が動員されはじめます。

筋肉を強く収縮させると、大きな筋力を発生させるために大量の運動単位が動員され、筋肉の電気的活動も増加します。本製品はフィルタ後、整流された筋電位活動を分析し、筋肉がどれだけ収縮されたかを表す信号をアナログ電圧(0~VIN V、VINは電源電圧)で出力します。

革新的なコネクタシステムの採用によって、MyoWare 2.0 LEDシールドとの接続にハンダ付けは不要です。青色の10セグメントバーグラフで測定信号を視覚的に表示します。筋肉活動が活発になると、ボード上のLEDの点灯が上昇します。

このキットは、MyoWare 2.0 Muscle Sensor Guideで紹介されている、スタンドアローンの例に沿ってマイクロコントローラーを必要としない構成となっています。トレーニング中の筋肉活動量の測定、教材やハロウィーンコスチュームへの筋電気の導入などに使用できます。

MyoWare2.0エコシステムのどのボードを選ぶか、自信がなければ、 MyoWare 2.0筋電位センサ開発キットをご確認ください。

注意:MyoWare2.0 エコシステムのボードは、人間や他の動物の病状や健康状態などの診断、治癒、緩和治療、あるいは病気の予防を意図されたものではありません。

MyoWare 2.0 エコシステムは、Advancer Technologies社製の低価格なArduino互換のオールインワンEMGセンサMyoWare 2.0 筋電位センサと、簡単に接続できるシールドから構成されています。これは革新的なコネクタシステムで、コンパクトでロープロファイルのシールドを簡単にパチンとはめ込み、マイクロコントローラのアナログ入力に接続し、対象となる筋肉の、生の/フィルターされた/整流後の筋電位を測定でき、ボード間のハンダ付けによる接続も不要です。

内容物

注:本製品にはマイクロコントローラは含まれていません。本製品は筋電位センサを使い始めるためのベーシックキットです。筋電位センサとマイクロコントローラ/シングルボードコンピュータを接続するには、ワイヤやピンヘッダを使ってハンダ付けする必要があります。シングルボードコンピュータに直結する場合は、ADコンバータとUSBアイソレータが必要です。

資料


製造元希望小売価格 : 74.95ドル
製造元の販売ページ : https://www.sparkfun.com/products/...

2022年5月26日更新
Name MyoWare 2.0 筋電位センサベーシックキット
Code SFE-KIT-19719
SKU# 8115
Shipping 650
税込単価 12,366 JPY
数量
在庫 0
次回入荷
短縮URL ssci.to/8115
公開日 2022年5月26日
入荷通知 ログインすると入荷通知を受け取るための設定ができます。