international
pcborder
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

I2C接続の小型LCD搭載ボード(5V版)

秋月電子通商で販売されているI2C接続小型LCDモジュール 8×2行を搭載したピッチ変換基板です。プルアップ抵抗実装済み。5Vマイコン用です。

I2C接続小型LCDモジュールは、とってもコンパクトで使用するピンも少ないのですが、ピンピッチが1.5mmと狭く、Arduinoやブレッドボードには直接取り付けられません。そこで2.54mmピッチに変換する基板に搭載してみました。I2Cのプルアップ抵抗も実装済みなので、使いたいピンヘッダをハンダ付けするだけですぐに使えます。コントラストもソフトウェアから設定できます。Arduino Uno R3などに直接接続できるピン配置になっています。

LCDへの電源供給は5Vから抵抗分圧で供給しています。その為、LCDの電力消費によって若干ではありますが供給電圧が昇降します。当社での実験した中では動作に影響はありませんでしたが、電源供給が不安定になる可能性があります。
通信方式がI2Cなので、Arduino標準のLCDライブラリ(LiquidCrystal.h)では動作しません。参考までに、Arduino Uno(5V)での実例をブログにまとめました。

資料

- [回路図](http://doc.switch-science.com/schematic/I2C_LCD_breakout/I2C_LCD_breakout_5V.pdf)
- [使い方(ブログ)](http://mag.switch-science.com/2013/07/17/i2c-lcd-breakout/)
- [使い方(ブログ その2)](http://mag.switch-science.com/2014/11/05/i2c_lcd_breakout_int/)
- [I2C接続小型LCDモジュール 8x2行](http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-06669/) (秋月電子通商の商品ページ)

上面

SJ2をカットし、SJ1をジャンパすると基板のXRST端子がLCDモジュールのRESET端子に繋がりますが、5Vマイコンにそのまま繋ぐと電圧が掛かりすぎますので、XRST端子は使用しないで下さい。

下面

Arduinoに直接挿す方法

I2C端子のSCL/SDAに合わせて差込、隣の2ピンを電源代わりにするためVSSのピンをLOW、VDDのピンをHIGHに出力設定をします。
XRESET(XRST)は特にSJ1/SJ2を変更していなければ、未接続なので特に設定の必要はありません。

Arduino Uno 初代/R2/R3,Arduino Duemilanoveの場合

- A1:XRESET 
- A2:VDD 
- A3:VSS 
- A4:SDA 
- A5:SCL

Arduino Mega 2560の場合

- D17:XRESET 
- D18:VDD 
- D19:VSS 
- D20:SDA 
- D21:SCL

Arduino Leonardoの場合

- 未接続:XRESET 
- D0:VDD 
- D1:VSS 
- D2:SDA 
- D3:SCL
2015年10月15日更新
名前 I2C接続の小型LCD搭載ボード(5V版)
コード番号 SSCI-014076
SKU# 1407
送料区分 150
単価 885
数量
在庫 多数
短縮URL ssci.to/1407
公開日 2013年7月11日