コンテンツにスキップ
営業日はカレンダー通り、土日祝日お休みをいただいております。お盆やお正月などの特別なお休みはこちらでお知らせいたします。
営業日はカレンダー通り、土日祝日お休みをいただいております。お盆やお正月などの特別なお休みはこちらでお知らせいたします。
SKU 1161

Arduino ADKを使うテクノ手芸用電子部品キット

送料区分: 200

販売終了

商品コード: SSCI-011617

発売日: 2012年12月19日

Sold out
¥8,580
¥8,580 - ¥8,580
Current price ¥8,580

この商品は雑誌企画のため、在庫がなくなり次第もしくは3月末日で販売終了です。

日経Linux 2013年2月号*特集「誰でもLinuxで楽しめるモノ作り超入門」のPart4「4000円ではじめる電子工作入門」で利用する部品のセットです。Arduino ADKを使い、LEDのチカチカから始めて、声を掛けると目の色が変わるテクノ手芸作品「Droid君」の完成までをサポートする電子部品のキットです。

記事では、Arduinoを使う電子工作の第1歩としてLEDを点滅させます。次にArduinoの開発ツール(IDE)を導入して簡単なプログラムを組みUSB経由でArduinoに転送し、取り付けたLEDを点滅させてみます。続いて、光センサーで周りの明るさを調べて、LEDの明るさが変わる仕組みを実現します。
テクノ手芸作品のDroid君には、フルカラーLEDの目を取り付けます。Androidスマートフォンに向かって「落ち着け」と言えば目が緑になり、「さみしい」と言えば青くなります。ぬいぐるみの素材として使う「羊毛フェルト」のふわふわ感と、電子部品のかっこ良さが一体となった作品になります。

実際の作り方は、日経Linux2013年2月号*をご覧ください。動かすプログラム(Arduino用とAndroid用)も、日経Linuxの読者限定サイトから入手できます。

商品にUSBケーブルは付属しません。別途、標準サイズのUSBケーブル(PCからのプログラム転送用)と、Aコネクタ-miniBコネクタのUSBケーブルもしくはAコネクタ-microBコネクタのUSBケーブル(対応したAndroidデバイスとの接続用)をご用意ください。
羊毛フェルトは付属しません。別途、「羊毛フェルトでふわピカ動物をつくろう~羊毛フェルト+LEDキット付き~」(テクノ手芸部)*などを利用してください。
*のリンクはamazonアフィリエイトリンクになっています。

販売時の関連カテゴリ:
オリジナル商品 > 入門・学習・実験キット
書籍・雑誌用キット
> その他

内容物(1)

Arduino ADK R3 1個
普通のブレッドボード 1個
固いジャンパワイヤ (ブレッドボード用) 1セット
普通のジャンパワイヤ(オス~オス) 1セット

内容物(2)

赤色LED 1個
フルカラーLED 2個
CdSセル 1個
抵抗 180Ω(茶灰茶 金) 2本
抵抗 330Ω(橙橙茶 金) 1本
抵抗 10KΩ(茶黒橙 金) 1本

記事中の作例

日経Linux 2013年2月号記事中の作例です。
Androidスマートフォンに話しかけると、
認識した言葉によってDroid君の目の色が変化します。

LEDやジャンパワイヤの工作には、ラジオペンチやニッパもしくはワイヤーストリッパなどを用意すると便利です。

Androidスマートフォン,USBケーブル,6角スペーサー,羊毛フェルトはキットに含まれません。
ジャンパワイヤは同等の物に変更される場合があります。