iot
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

M5Stack用 RTCモジュール(M-Bus)基板

NXP社のRTC PCF8563を搭載したM-Busモジュール基板です。RTCを内蔵していないM5Stack Basic, Grayなどに使用できます。PROTOモジュール(別売)のモールドを取り付けるとM-Bus モジュールになります。

特徴

  • M5Stack 標準の I2C(SCL:GPIO22, SDA:GPIO21)からアクセスできます。
  • M-Bus 直結のため配線が不要です。M5Stack の GROVE-A ポートも温存できます。
  • M5Stack シリーズで広く採用されている RTC(BM8563)と互換性があり、M5StickC, Core2, M5Paper 用などのソフトウェアを参考にできます。
  • コイン電池(別売: CR1220)により、M5Stack の電源がない状態でも時刻を保持し続けます。
  • RTC の INT(割り込み出力)をディップスイッチで M-Bus の EN, GPIO13, GPIO35 に接続できます。
  • RTC の CLKO(クロック出力)をディップスイッチで M-Bus の GPIO36 に接続できます。
  • PROTOモジュールのモールドを装着することで、他のモジュールやボトムを積み重ねる(スタックする)ことができます。
  • トリマコンデンサにより、水晶発振子(クリスタル)の周波数を微調整できます。出荷時には可能な範囲で調整済です。

内容物

  • プリント基板完成品:50 mm×50 mm 厚さ10mm
  • 説明書:1枚(A4)

※コイン電池(CR1220)およびプロトモジュールは付属しません。

製品画像

基板裏面

取り付け例

資料


こちらの商品は、BotanicFieldsさんからの受託販売商品です。
輸送上の問題は当社が責任を負います。 技術的なご質問には、当社ではお答えできません。 上記技術資料のページなどをご参照の上、ご自身で解決していただく必要があります。

2021年7月27日更新
Name M5Stack用 RTCモジュール(M-Bus)基板
Code BOTANIC-011
SKU# 7308
Shipping 200
税込単価 2,200 JPY
数量
在庫 2 (即日出荷可能)
次回入荷
短縮URL ssci.to/7308
公開日 2021年7月9日