iot
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

STEMMA QT/Qwiic互換 CCS811 空気質センサブレイクアウトボード

I2C接続のVOC/eCO2センサブレイクアウトボードです。ams製ガスセンサを使用しており、幅広いレンジの揮発性有機化合物(VOC)の検出が可能です。屋内の空気質のモニタリングに適しています。ライブラリのコードを使用してマイコンと接続することで、I2Cを通して総揮発性有機化合物(TVOC)値と換算二酸化炭素(eCO2)値をフィードバックします。

ホットプレート式MOXセンサと小型のマイコンを搭載しています。マイコンはプレートへの電源供給のコントロール、アナログ電圧値の読み出しを行い、I2Cインターフェースを備えています。

eCO2濃度は400~8192 ppm、TVOC濃度は0~1187 ppbの幅で測定が可能です。アルコール、アルデヒド、ケトン、有機酸、アミン、脂肪族化合物、芳香族化合物の検出、測定も行えます。

正確な測定値を取得するには、使用の前にキャリブレーションを行ってください。お使いの環境の空気質の傾向を把握、比較する用途に十分な精度ですが、センサにはばらつきがあります。使用開始からしばらくはセンサ感度が変化しているため、最初の48時間、およびモード変更後の最初の20分間は慣らし運転が必要です。

本製品のチップはI2Cクロックストレッチを使用しているため、Raspberry Piなど、お使いのマイコンやコンピュータによっては互換がありません。

設定可能な割込みピンを備えているので、変換が準備されている際や読み出し値がユーザ規定値を超えた際に動作させることができます。1秒ごと、10秒ごと、60秒ごと、250ミリ秒ごとの計測が可能なマルチドライブモード対応です。

3.3 V(Raspberry Pi / Featherなど)と5 V(Arduino / Metro328など)の両方のロジックレベルに対応しており、2本のワイヤで簡単にI2C通信を利用できます。I2CバスにはQwiic互換のSTEMMA QTコネクタが用意されているので、ハンダ付けの必要もありません。

ソフトウェアライブラリについてはAdafruitのチュートリアルをご覧ください。何行かコードを書き換えるだけでArduino IDEもしくはCircuitPythonとお使いいただけます。

仕様

  • I2Cアドレス:0x5A

資料


製造元希望小売価格:19.95ドル(税抜)
製造元の販売ページ:https://www.adafruit.com/product/...

2021年4月7日更新
Name STEMMA QT/Qwiic互換 CCS811 空気質センサブレイクアウトボード
Code ADA-3566
SKU# 7023
Shipping 200
税込単価 3,069 JPY
数量
在庫 10 (即日出荷可能)
次回入荷
短縮URL ssci.to/7023
公開日 2021年4月6日