iot
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

INA219搭載 STEMMA QT互換 ハイサイドDCセンサ ブレイクアウトボード(最大26 V ±3.2A)

I2C通信でハイサイド電圧とDC電流の両方を測定可能なブレイクアウトボードです。測定値誤差は1%以下です。INA219Bチップを搭載しています。

電流測定機器はローサイド電圧の測定に特化したものが多く、バッテリーなしの場合、GND間に測定抵抗を設ける必要があります。GNDリファレンスは電流によって変動するため、この方法では回路に問題を生じがちです。本製品のINA219Bチップは、3 Vまたは5 V電源でも+26 V DCまでのハイサイド電流の測定が可能です。測定値のフィードバックも可能なため、バッテリー残量やソーラーパネルのモニタリングにも適しています。

高精度なアンプにより、0.1Ω、1%センス抵抗の電圧測定が可能です。アンプの入力差は最大±320 mVで、±3.2 Aまでを測定できます。内蔵12ビットADCによる±3.2 Aレンジでの分解能は0.8 mAです。内蔵ゲインセットによる最小div8での最大電流は±400 mA、分解能は0.1 mAです。0.1Ω電流センス抵抗をご自身で別のものに交換して、レンジを変更することもできます(最大32 A、分解能8 mAの測定に0.01Ωを使用するなど)。

パッケージには6ピンヘッダが含まれているためブレッドボードにセンサを取り付けるのも簡単です。その他、負荷の取り付け、取り外しに便利な3.5 mmターミナルプラグも付属しています。

センサを3 Vまたは5 V DC電源に接続し、I2Cピン2本でマイコンとつなぐだけで簡単に使用できます。対象機器の電源はVIN+に、負荷~GNDはVIN-に接続してください。各種ゲインやレンジの計算についてはAdafruitのチュートリアルをご覧ください。つなぐだけでArduinoやCircuitPythonとお使いいただけます。

I2Cバス用のSparkFun Qwiic接続対応STEMMA QTコネクタつきで、I2Cや電源にはんだ付けは必要ありません。STEMMA QTアダプタケーブルでマイコンやアクセサリと接続できます。

※QTケーブルはパッケージに付属しません。別途お買い求めください。

※ターミナルブロック色は青もしくは黒となります。

特徴

  • 0.1Ω 1% 2 W電流センス抵抗
  • 最大+26 Vの電圧測定可能
  • ±0.8 mA分解能で最大±3.2 Aの電流測定可能
  • I2C 7ビットアドレス 0 x 40、0 x 41、0 x 44、0 x 45(ジャンパにより選択可能)





仕様

  • サイズ : 25.6 mm x 20.4 mm x 4.7 mm

資料


製造元希望小売価格:9.95ドル(税抜)
製造元の販売ページ:https://www.adafruit.com/product/...

2021年4月6日更新
Name INA219搭載 STEMMA QT互換 ハイサイドDCセンサ ブレイクアウトボード(最大26 V ±3.2A)
Code ADA-904
SKU# 7022
Shipping 200
税込単価 1,584 JPY
数量
在庫 9 (即日出荷可能)
次回入荷
短縮URL ssci.to/7022
公開日 2021年4月6日