international
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

Adafruit FT232H搭載 変換基板 - USB to GPIO+SPI+I2C

2020年2月に改版がありました。ボードサイズや取り付け穴の位置、ピンアサインなどに変更はありませんが、下記の点が変更されています。

  • USBコネクタがmicroBからType-Cに変更
  • D1とD2を繋ぐためのI2C用スイッチを追加
  • 3 V 出力ピンを追加(~500 mA)
  • Stemma QTコネクタを追加

FTDI製のFT232Hを搭載し、USBからGPIO、SPI、I2Cへ変換する基板です。 マルチプロトコル同期シリアルエンジン(MPSSE)により、SPIやI2C通信を利用することが可能です。Adafruit Python GPIOライブラリを使って各プロトコルの通信を行う方法は、下記の資料をご覧ください。

特徴

  • FT232H搭載
  • マルチプロトコル同期シリアルエンジン(MPSSE)
  • プロトコル / ピン:SPI、I2C、GPIO

仕様

  • サイズ:23 × 38 × 4 mm
  • 重量:3.4 g

資料

file

file

旧商品写真(2020年2月以前)

製造元希望小売価格:14.95ドル(税別)
製造元の販売ページ:https://www.adafruit.com/product/...

2020年10月30日更新
Name Adafruit FT232H搭載 変換基板 - USB to GPIO+SPI+I2C
Code ADA-2264
SKU# 5740
Shipping 200
税込単価 2,354 JPY
数量
在庫 11 (即日出荷可能)
次回入荷
短縮URL ssci.to/5740
公開日 2019年7月31日